お知らせ
サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。


サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)はてなブックマークに追加

C.C.「ルルーシュ、お前に問おう」

_SL160_
C.C.「ルルーシュ、お前に問おう」
サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。


サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。

サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。




1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 03:42:51.41 ID:w1tl6Jbp0
??「……シュ、おい」

ルル「zzz…zzz……」

??「…きろ、……シュ」

ルル「ぅん、んん?」

??「起きろ…ルーシュ」

ルル「なんだ、煩いな…」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 03:44:41.83 ID:w1tl6Jbp0
C.C.「起きろ、起きろ。 ルルーシュ!」

ルル「C.C.か。 こんな夜半にどうしたんだ」

C.C.「いいから起きろ。 そして正座して私の話を聞いて懺悔しろ」

ルル「……?」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 03:46:16.20 ID:w1tl6Jbp0
ルル「おい、C.C.」

C.C.「なんだ?」

ルル「今、何時なのかお前は知っているか?」

C.C.「夜半2時を過ぎたくらいか」

ルル「なんだ、知っていたのか」

C.C.「時刻を把握できないほど寝惚けてはいない」

ルル「…それで、なんで俺はこんな時間に叩き起こされなければならない?」

C.C.「自分の胸に聞いてみろ」

ルル「…分からないから聞いているんだが」




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 03:50:40.66 ID:w1tl6Jbp0
C.C.「分からない。 お前はそう言ったか」

ルル「ああ。 お前が怒っている理由はおろか、現状の把握すら出来ていない」

C.C.「ほぅ…。『盗人猛々しい』とは、まさにこの事だな」

ルル「何やら凄い言われようだが、一体何の事だ」

C.C.「自分の胸に聞いてみろ。この助平が」

ルル「だから身に覚えが無いと言っているだろう」

C.C.「…本当に分からないのか?」

ルル「当たり前だ」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 03:52:47.88 ID:w1tl6Jbp0
C.C.「ルルーシュ、お前は年齢的にも健全な男子と見受ける」

ルル「まぁ、確かにそれは否定できない事柄だな」

C.C.「だとすれば問題が一つ発生するだろう?」

ルル「そんな『してやったり』な顔をされても、俺にはいまいち理解しかねるのだが




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 03:54:28.67 ID:w1tl6Jbp0
C.C.「お前くらいの年頃が抱える悩み…それ即ち『性』の悩みだ」

ルル「一般的にはそうだろうな」

C.C.「お前も例外ではないだろう」

ルル「馬鹿を言うな。黒の騎士団や学業,生徒会役員などで俺はそれどころではない」

C.C.「…言い逃れは見苦しいぞ」

ルル「事実を元に意見を述べたまでだ、他意なぞあるはずがないだろう」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 03:56:09.58 ID:w1tl6Jbp0
ルル「お前の言う『性』の悩みに関して、真意は分かりかねる」

C.C.「ふん」

ルル「しかして、お前が何かを訴えたいのだという事は理解できる」

C.C.「私が何について責めているかまだ分からんのか、このシスコンは…」




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 03:58:40.19 ID:w1tl6Jbp0
C.C.「ルルーシュ、私の目を見ろ」

ルル「…一体何なんだ」

C.C.「私のこの曇りなき眼を見ても無実だと誓えるか?」

ルル「胡散臭さで塗り固められた目を見ても、誓えることなど無いのだが」

C.C.「いちいち五月蝿いぞ、お前。 黙って私の言うことに答えろ」

ルル「…夜中に人を叩き起こした奴の言う台詞とは思えない発言だな」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 04:00:49.80 ID:w1tl6Jbp0
ルル「しかして、えらく質問の提起に時間をかけるな、C.C.」

C.C.「当然だろう? これは私にとって非常にデリケートな問題なんだ」

ルル「ほぅ、それは何なんだ?」

C.C.「デリケートな問題だと言っただろう? 
   聞き質すためには尋問に時間をみっちりかけるつもりだぞ」

ルル「……おい、それはすぐに終わらない事なのか?」

C.C.「お前が白状すれば数分足らずで終わることだ」




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 04:03:35.51 ID:w1tl6Jbp0
ルル「…C.C.。俺は明日、中華連邦に飛ぶという予定を知っているだろう?」

C.C.「ああ、知っている」

ルル「そのために、明日は朝方の5時には起床しなくてはならないということも?」

C.C.「当然知っている」

ルル「他の国々との締結を結ぶための、非常に重要な会議ということもか?」

C.C.「当たり前だ」

ルル「それよりも大事な事だとでも言うつもりか?」

C.C.「フレイヤが今、私達の住まう場に着弾しても
   この問題を解決するまで私は引くつもりは微塵たりとも無いぞ」

ルル「…よほど大事な問題だというわけか」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 04:06:12.51 ID:w1tl6Jbp0
ルル「なぁ、C.C.」

C.C.「どうした?」

ルル「そろそろ俺に猜疑の目を向ける原因くらい教えてもいいんじゃないか?」

C.C.「……正直に答えるなら、教えてやろう」

ルル「答えるからさっさと話せ」

C.C.「神に誓うか?」

ルル「ああ、誓おう」

C.C.「ふん、ダウトだ」

ルル「…お前が誓えと言ったんだろ」

C.C.「私は神を信じていないからな。
   そんな存在するか否かも分からぬ神ごときに誓うなどとは愚の骨頂だ」

ルル「…お前が神を信じるか否かなんぞ、俺の知ったことではないだろうに」




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 04:08:20.28 ID:w1tl6Jbp0
ルル「ああ、もう二時半を過ぎてしまったじゃないか…」

C.C.「ほら、貴様がさっさと白状しないから刻一刻と時間は流れていくぞ」

ルル「…原因の9割5分2厘はお前にあるのを忘れるなよ」

ルル「しかして、お前がそこまで躍起になっているのは珍しいな」

C.C.「何度も言っているだろう。 私にとっては大事なことなのだと」

ルル「失せ物でもあったのか?」


C.C.「ルルーシュ、お前……やっぱり犯人だったのか」

ルル「…何か失くしたんだな、お前」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 04:11:08.96 ID:w1tl6Jbp0
C.C.「今の発言で確固たる犯人像が浮かんだ」

ルル「ほぅ」

C.C.「体型は痩せ型。 髪は黒髪。 年齢は10代後半」

ルル「あんな些細な一言でよくそこまで推理が廻るものだな」

C.C.「そいつは人に言えない秘密がある」

C.C.「例えば、仮面を被って世界的蜂起集団のリーダーに立っている。
   例えば、片目に絶対遵守のギアスを宿している。
   例えば、私の大事なものを盗んでいる」

ルル「見事な推理だ。 
   思い当たる人物が強制的に一人になるのも素晴らしい」

C.C.「ふん、そんなに褒めるな」

ルル「秘かに濡れ衣まで被せているあたり、性質が悪い事この上ないぞ」




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 04:13:52.41 ID:w1tl6Jbp0
C.C.「なぁ、ルルーシュ」

ルル「その慈愛を含んだような目を止めろ」

C.C.「今ならまだ間に合うぞ」

ルル「何が間に合っていないのか分からないと言っているだろう」

C.C.「私も鬼じゃないから、今ここでお前が名乗り上げれば
   お前のカードが破産する寸前までピザを注文する程度で罰は済ませるんだぞ?」

ルル「恐ろしすぎるな、それは」

C.C.「どうしても私の口から言わせたいのか?」

ルル「言ってくれなくては分からない事もある。
   特に今回は本当にサッパリなのでな」


C.C.「…仕方ない、か」




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 04:15:18.25 ID:w1tl6Jbp0
C.C.「ルルーシュ、お前に問おう」

C.C.「なぁ……正直に答えろ」


C.C.「私のパンツ、盗んだのお前だろう?」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 04:17:40.33 ID:hV2lJbfBP
そもそも履いてたのか。




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 04:19:03.76 ID:w1tl6Jbp0
ルル「……」

C.C.「おい、ルルーシュ」

ルル「…あと二時間は眠れるか」

C.C.「なに勝手に床に就く準備を始めているんだ」

ルル「C.C.」

C.C.「お、ようやく白状する気になったか」

ルル「最近は寒いからな。 寝冷えしないように温かくして眠れ」

C.C.「あ、ああ。 気遣い感謝する」

ルル「それじゃあ、おやすみ」

C.C.「…おやすみ」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 04:22:08.95 ID:w1tl6Jbp0
C.C.「いや、違うだろお前。
   自然と就寝の挨拶まで交わして誤魔化せるとでも思ったのか」

ルル「…俺がお前の下着を盗むワケないだろうが」

C.C.「証拠は?」

ルル「ない。 というか、ありもしない事象に有無もへったくれもあるか」

C.C.「やっぱりお前が犯人じゃないか」

ルル「馬鹿を言うな。 
   …俺も自分のインナーがここ数日で減っていて狼狽しているんだぞ」

C.C.「男物の下着紛失なぞ私の知ったことか」

ルル(…ほぼ同じ台詞をそのまま投げつけてやろうか)




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 04:24:52.59 ID:w1tl6Jbp0
ルル「…ではC.C.。 一つ問うぞ」

C.C.「ふん、意見を許可してやろう」

ルル「お前が俺を犯人と思う理由は何なんだ?」

C.C.「愚問極まりないな。 それは非常に単純な事だ」




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 04:27:28.10 ID:w1tl6Jbp0
C.C.「この屋敷の警備は完璧だ」

ルル「ああ、咲世子が施錠のチェックを始めとした警備員代わりになっているからな」

C.C.「よって侵入者が入り込むというケースは考えづらい」

ルル「確かに」

C.C.「となると、内部からの犯行の線が考えられる」

ルル「お前にしては妥当な判断だな」




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 04:29:44.43 ID:w1tl6Jbp0
C.C.「そして、ここの住人」

ルル「俺とお前、そしてロロと咲世子だな」

C.C.「私は当然ながら、咲世子は同姓という事もあるので除外していいだろう」

ルル「…構わん。 話を続けろ」

C.C.「そして残るはランペルージ兄弟」

ルル「……」




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 04:31:05.77 ID:w1tl6Jbp0
C.C.「ロロが犯人とは考えにくい」

ルル「それは何故だ」

C.C.「あいつが異性の下着を盗んで、いかがわしいことに使っているとは想像しがたい」

ルル「同じ事柄を俺にも是非言ってほしいものだ」




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 04:33:19.16 ID:w1tl6Jbp0
C.C.「それに、だ」

ルル「それに?」

C.C.「前にあいつがお前の下着を盗んでいるのを目撃したからな」

ルル「…だから妙に俺の下着が減っていたのか」


C.C.「そういう事例も込み入れるとして、アイツも除外対象だ」

ルル「なるほど。 まさかの犯人情報のリークに感謝する」




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 04:37:39.55 ID:w1tl6Jbp0
C.C.「というワケで、だ」

ルル「どういうワケでだ」

C.C.「お前犯人、私は怒る、お前土下座、私は満足。
   理解したか?」

ルル「理解どころか納得すら出来んぞ!」

C.C.「…いつの世も、正しき者は批判を受ける」

ルル「…お前が何に憂いているのかは知らんが、俺からも言わせてもらう」

C.C.「ほぅ、発言を許可してやろうじゃないか」




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 04:42:04.58 ID:w1tl6Jbp0
ルル「これは客観的な分析から基づく答えだ」

C.C.「言ってみろ」

ルル「お前、ここ数日はずっと俺と一緒に行動していただろう」

C.C.「ああ、それはもう嫌というほどにな」

ルル「お前は未だに俺の部屋で寝泊りしているから、否が応にも寝食を共にしている」

C.C.「それがどうかしたのか?」

ルル「つまり、だ。
   お前は俺の行動を自分でも気づかぬうちに監視していたことになる」


ルル「……C.C.、俺にお前の下着を盗める機会はあったか?」




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 04:45:28.52 ID:w1tl6Jbp0
C.C.「私が風呂に入っているときは流石に無防備だったろう」

ルル「その点についてはアリバイが有る。
   貴様が風呂に入っている際、俺はずっとダイニングにいた。
   ロロと咲世子と三人で夕飯を取っていたぞ」

C.C.「怪しいな。わざざわ皆で食べずとも、一人で夕飯くらい食せるだろう?」

ルル「夕飯を食べるタイミングで風呂に入っているだろ。
   なぁ、どこかの誰かさん」

C.C.「…一番最初にシャワー浴びるためには、あの機会が一番なんだ」




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 04:48:36.05 ID:w1tl6Jbp0
ルル「上記の通り、俺にはしっかりアリバイがある。
   無いのはお前の下着を盗む動機くらいだ」

C.C.「見目麗しい女性の下着を盗むのは、男子の本懐じゃないのか?」

ルル「そんな事を本懐として持ち出されても困るがな」




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 04:53:14.33 ID:w1tl6Jbp0

C.C.「そういえば、重大な点を見逃していた……!!」

ルル「いい加減に寝かせてくれ…。 
   で、なんだ。 その重大な点とは?」

C.C.「私としたことが迂闊だったな。
   これさえ確かめれば、お前が犯人か否か一発で判断できるじゃないか」



C.C.「私の下着をお前が穿いているかも知れない」

ルル「本物の馬鹿だったかお前は」




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 04:55:45.02 ID:w1tl6Jbp0
C.C.「おい、ルルーシュ。じっとしていろ」

ルル「……本気か? 本気なのか!?」

C.C.「痛くない。すぐ済むからな」

ルル「お前、男のパンツを脱がそうとするなぞ淑女のすることか!?」

C.C.「ほら、暴れるな」

ルル「無茶を言うな!」




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 04:58:08.03 ID:w1tl6Jbp0
C.C.「ふふ…童貞坊やは大人しく私に任せておけばいいんだ…」


C.C.「ほら、もうすぐお前のズボンが脱げて、私のパンツが露わになるぞ…」

ルル「や、やめろ、やめろーーーーー!!」


ガチャッ


咲世子「ルルーシュ様、もう夜半過ぎですよ。
    あまり騒ぎすぎては明日に…響き、ま…すよ……?」


C.C.「……あ」

ルル「……あ」

咲世子「……」




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 05:03:09.13 ID:w1tl6Jbp0
C.C.「………」

ルル「………」


咲世子「……失礼致しました。 ごゆるりと」



C.C.&ルル「誤解だ!」




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 05:04:49.16 ID:w1tl6Jbp0

―――


咲世子「まさか、ルルーシュ様とC.C.様が…」

咲世子「やはり一つ屋根の下に住む男女、何があるか分かりませんね…」

咲世子「しかして……」


咲世子「私の下着にC.C.様の分がいくつか混ざっていたこと…」

咲世子「早めにお伝えした方が宜しいのでしょうか?」


―――




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 05:06:37.82 ID:w1tl6Jbp0
ルル「なにやら大変な場面を見られてしまった…」

C.C.「規制事実でも作るか?」

ルル「寝言を言っている暇があれば、もう寝かせてくれ…」

C.C.「ふん、まぁお前は黒からグレーに変わったしな。
   とっとと休んで明日に備えろ」

ルル「俺は本来明日に備えていたんだが…まぁいい、言われずとも眠るつもりだ」




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 05:08:50.33 ID:w1tl6Jbp0
C.C.「おい、ルルーシュ」

ルル「なんだ?」

C.C.「詰めろ。 私が眠れないじゃないか」

ルル「お前のベッドは向こうにあるだろう」

C.C.「今日は寒いからな。 お前が寝冷えしないための予防だ」

ルル「……」




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 05:12:18.38 ID:w1tl6Jbp0
C.C.「恥ずかしいのか?」

ルル「馬鹿を言うな」

C.C.「私は恥ずかしいぞ?」

ルル「……もう寝ろ」




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 05:14:00.68 ID:w1tl6Jbp0
C.C.「おい」

ルル「…なんだ?」

C.C.「私のパンツ、えっちな事に使うなよ?」

ルル「まだ疑うか、貴様は」

C.C.「…私は、ここにいるんだからな」

ルル「…どういう意味だ?」

C.C.「…ふん。 女心を辞書で引け」



C.C.「おやすみ、ルルーシュ」

ルル「…ああ、おやすみ。 C.C.」




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 05:16:42.07 ID:w1tl6Jbp0
【エピローグ】


ロロ「あ、兄さん!」

ルル「ロロか…おはよう」

ロロ「なんか凄く疲れた顔しているけれど、昨晩何かあったの?」

ルル「とんでもない珍事が少々な…」

ロロ「そっか、大変だったね」

ルル「ああ……」


ルル「そんな事よりも、ロロ。 
   少々お前の時間が欲しいのだが空いているか?」

ロロ「うん。別に何かしているわけでもないし、空いているよ」

ルル「そうか」


ルル「ロロ、お前に問おう」

ルル「俺のパンツ、盗んだのお前だろう…?」


―END―




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 05:22:49.39 ID:uYnkneIaO
>>1乙 貴重なギアスssだった




77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 05:35:07.37 ID:9WpwFKFs0
>>1
楽しめた





81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 11:55:34.08 ID:ph64SM6V0
あんたのSS好きだぜ!
乙!!








画像を押すとランダムで記事を表示します!
暇つぶしに最適です。

       SS速報 最新記事一覧       

TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん! ! 」イメージソング 平沢唯
TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん! ! 」イメージソング 平沢唯

TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ  「けいおん! ! 」イメージソング 秋山澪
TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん! ! 」イメージソング 秋山澪

TVアニメ「けいおん! ! 」劇中歌  ごはんはおかず/U&I
TVアニメ「けいおん! ! 」劇中歌 ごはんはおかず/U&I

[ 2010/11/10 12:12 ] コードギアス | TB(0) | CM(2) はてなブックマークに追加
C.C.はかわいい
かわいいは正義
[ 編集 ]
サヨコがロロ雑巾に未明に目撃した事象を報告するエンドかと
乙!
[ 編集 ]









 

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

けいおん! 1/8 中野 梓 (1/8 PVC塗装済み完成品)
けいおん! 1/8 中野 梓 (1/8 PVC塗装済み完成品)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。