お知らせ
サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。


サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)はてなブックマークに追加

梓「純、エサの時間だよ」純「・・・わんわん」

_SL160_
梓「純、エサの時間だよ」純「・・・わんわん」
サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。


サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。

サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。




1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 23:02:00.94 ID:QLAq91N70
都内某所

中野邸の地下室に二人の少女の姿があった。

一人は小柄な中野梓。食材の入ったボウルを楽しそうに運んできたところだ。

そしてもう一人は鈴木純。・・・全裸で首輪をつけられている。

梓「今日はハンバーグを作ってあげようね。」

純「・・・」

ひき肉、卵、コショウ、みじん切りにした玉ねぎ、パン粉・・・

梓は楽しそうにハンバーグの具材をこね回している。

梓「純、もうちょっとでできるからね。おいしいよ?」

純「・・・」

少女は怯えたように何も答えない。




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 23:11:24.16 ID:QLAq91N70
グチュリ グチュリ

ハンバーグの具材をこねる音だけが地下室に響く。

鮮やかなピンク色をしたひき肉が梓の指からにゅるりと飛び出す。

その感触がクセになってしまったようだ。

うっすらと笑みを浮かべながら具材をこね続ける。

・・・20分も経った頃だろうか、音がぴたりと止まった。

梓「純、ハンバーグは生がいい?それともレアかな?」

ニヤニヤと薄ら笑いを浮かべて梓が尋ねる。




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 23:23:43.52 ID:QLAq91N70
純「・・・」

梓「純、おなか空いてないのかな?」

やさしい口調とは裏腹に目が全く笑っていない。

純がそろそろと後ずさりをはじめる。

その時だった。

ぐぅううううぅう

純の腹が大きな音をたてて鳴った。

その音を梓は聞き逃さなかった。

梓「やっぱりおなか空いてるんじゃない。ほら、食べさせてあげるよ」

ジュブッと音を立ててボールに手を突っ込むとピンク色の肉塊を掴み上げる。

紅を溶かしたような肉汁がぽたりと垂れて、生肉特有の臭いが鼻をつんと刺す。

純はいやいやをするように首を振った。




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 23:25:44.02 ID:uIWyExHAO
純は犬っぽいと思っていた




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 23:36:33.37 ID:QLAq91N70
その首を小さな手が押さえつける。

梓「もう三日も食べてないでしょう?おいしいよ?」

そう言うと生肉を無理矢理に純の口に押し付けはじめた。

純「ぐぅ・・・ふうっ・・!」

必死の抵抗を試みるも、三日も食事を与えられずに憔悴しきった体ではどうすることも出来ない。

ぐりぐりと押し付けられたひき肉が、唇の隙間を縫うようにして口内へ入り込んでくる。

梓「どうしたの?早くお食べ?」

梓は空いている手で純の鼻をつまむ。

息苦しさに耐えかねた純が口を開くのは時間の問題だ。




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 23:40:49.13 ID:QLAq91N70
純「・・・がはっ!」

顔を真っ赤にした純がとうとう口を開いた。

待ってましたとばかりに口内へ流れ込む生臭い香りに、純がむせ返る。

梓「おいしいでしょう?まだたくさんあるからね。」

笑いながらそう言うと再びボウルに手を突っ込む。

「飼い主」による「ペット」への餌付けはその後一時間にも及んだ。


梓「いい子ね、純。ちょっとだけ寝てもいいわよ。」

言われるがまま横たわる。

薄れ行く意識のなか、純はぼんやりとした頭で考え続けた。

純(どうして・・・)

純(どうしてこんなことに・・・)




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 23:45:43.18 ID:QLAq91N70
紬「っていう夢を見たの~!」

梓「勝手にヘンな夢見ないでください!」

律「あはは、確かに純ちゃんって犬っぽいかもなぁ。」

唯「だよねー。今度部室に呼んでお菓子あげてみよっか?」

紬「いいわね!今度最上級のひき肉を持ってくるわ!」

澪「ムギ・・・」

おしまい




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 00:40:12.88 ID:jW1G8trq0
純「あずさ、ミルク持ってきてあげたよ」

純がペット用の皿に牛乳をなみなみと注いで持ってきた。

梓「あ、ありがと、純。」

純「あれ?あず猫はそんな口調だったかな?」

純がいたずらっぽい笑みを浮かべた。

全裸に首輪、頭には猫耳をつけた少女が恥じらいの表情でそれに答える。

梓「あ、ありがとにゃん・・」

純「ふふ。よくできました。ミルク飲んでいいよ?」

ピチャ ピチャ

梓は四つんばいになると、舌を出してミルクを舐めはじめる。

その姿をいつくしむように眺めながら、梓の髪を撫でる純。

ここ数日の、二人の放課後の風景である。




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 00:48:31.66 ID:jW1G8trq0
純「あずさ、ミルクおいしい?」

いとおしそうに梓を眺めながら、指先でちゃぽちゃぽとミルクをかき混ぜてみせる。

梓「お、おいしい・・にゃん」

顔を赤くして梓が答える。

純「ふ~ん。私も飲んでみよっかな。」

そう言うと、梓と同様に、皿に舌を突っ込んで舐めはじめる。

牛乳が注がれた皿は二人の唾液が入り混じり、ほのかに泡立っている。

ぴちゃぴちゃ ぴちゃ

薄暗い地下室に二人がミルクを舐めとる音だけが響いた。




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 00:54:18.07 ID:jW1G8trq0
そのときだった。

梓「んっ・・・」

純「あっ・・・」

互いの舌先に、あたたかくぬめぬめとした感触を感じた。

困惑する梓に、上気した顔で迫る純。

そのまま梓の唇にしゃぶりつく。

梓「ん・・クチュ・・じゅん・・」

純「クチュ・・あずさぁ・・」

割りいれた舌に、ミルクの香りを感じる。




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 00:55:49.34 ID:jW1G8trq0
紬「っていう夢を見たの~!」

梓「勝手にヘンな夢見ないでください!」

律「あはは、確かに梓って猫っぽいかもなぁ。」

唯「だよねー。今度全裸に剥いてミルクあげてみよっか?」

紬「いいわね!今度最上級のミルクを持ってくるわ!」

澪「ムギ・・・」

おしまい




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 01:00:45.77 ID:ON8BNYSN0
また夢オチかよっ!

もっと続けなさい!




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 01:13:42.52 ID:hYMd1JEbO
純ちゃんがかわいい奴を頼むぜ




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 01:16:23.21 ID:jW1G8trq0
純「あず猫ちゃん、おしっこいっぱい出たかなぁ?」

そう言いながらペット用の砂のトイレを確認する純。

予想に反して、砂はさらさらと乾いている。

純「あれ?おしっこ出てないね?体調悪い?」

梓「そんなことないけど、なぜかおしっこが出ないの・・・にゃん。」

梓がうつむいて答える。

純「それはいけませんなぁ。こうなったらちょっと荒療治だけど・・・」

そういって、ポケットティッシュを取り出すと、先を丸めてこよりを作る。

純「あずさ、ちょっと仰向けになってくれる?」

仰向けになった梓に、ももの裏側に手を通し、股を広げてみせるよう指示した。

かぱっと開かれた秘所からほのかに動物的な香りがたちこめ純の劣情を掻き立てる。

はちきれそうな欲望を抑えてこよりを手にすると、梓の尿道口をなぞっていく。




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 01:25:38.78 ID:jW1G8trq0
ひくひくと反応を見せる梓の穴にこよりの先端を差し込んだ。

梓「ひあんっ!」

ぴゅっ

勢いよく飛び出した尿が純の顔にふりかかった。

梓「ご、ごめんなさい・・だにゃん。」

純「しょっぱぁい!」

一瞬驚いた純であったが、すぐに気を取り直して顔にかかった尿を舐め始める。

梓「そんなの舐めたら・・・汚いよぅ・・にゃん」

泣きそうにな顔をしている梓に純が優しい声で言った。

純「あずさのおしっこは汚くなんかないよ」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 01:29:22.25 ID:jW1G8trq0
悪戯っぽく笑った純が、梓の尿道口を舐め上げていく。

梓の体はそれに応えるようにピクピクと震えた。



紬「っていう夢を」

梓「もうムギ先輩は金輪際眠らないでください!」

おしまい




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 01:42:57.77 ID:K6iitOgtO
GER喰らったディアボロを思い出した








画像を押すとランダムで記事を表示します!
暇つぶしに最適です。

       SS速報 最新記事一覧       

TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん! ! 」イメージソング 平沢唯
TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん! ! 」イメージソング 平沢唯

TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ  「けいおん! ! 」イメージソング 秋山澪
TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん! ! 」イメージソング 秋山澪

TVアニメ「けいおん! ! 」劇中歌  ごはんはおかず/U&I
TVアニメ「けいおん! ! 」劇中歌 ごはんはおかず/U&I

[ 2010/10/18 00:12 ] けいおん | TB(0) | CM(2) はてなブックマークに追加
梓が純の猫になるのも、純が梓の犬になるのもどっちもいいな
[ 編集 ]
その両方を飼うむぎゅうという案はどうだろうか
[ 編集 ]









 

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

けいおん! 1/8 中野 梓 (1/8 PVC塗装済み完成品)
けいおん! 1/8 中野 梓 (1/8 PVC塗装済み完成品)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。