お知らせ
サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。


サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)はてなブックマークに追加

梓「エッチしないと怒りますよ!///」

_SL160_
梓「エッチしないと怒りますよ!///」
サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。


サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。

サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 01:06:56.62 ID:3T19+MfS0
梓「エッチしないと怒りますよ!///」

澪「そんなこと言われても…」

梓「今二人きりじゃないですか!」

澪「で、でも…」

梓「でもじゃないですよ!」

梓「ほら早く脱いで下さい」

澪「やめ…」
 (ちっちゃいのになんて強い力…)




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 01:17:06.72 ID:3T19+MfS0
梓「抵抗しても無駄ですよ」

 「この日のために3ヵ月前から筋トレに励んできたんですから」

澪「どうりで背が伸びないわけだ…」ボソ

梓「へぇ…この柔らかいおっぱいを好きにしていいですって!?」ニヤニヤ

澪「この変態ちび!」

梓「むむむ、澪先輩は私を怒らせましたね…」

梓「こうなった私は止められない!」

梓「嗚呼!私を誘っているこのようなこの体!」

梓「私はもう止まりませんから!」

澪「ひっ!」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 01:23:29.37 ID:3T19+MfS0
梓「あ、鍵かけてなかった!」

梓「ちょっと待ってて下さいね^^」

澪「…………」
 (今しかない……)

prrrrprrrr

ガチャリ…

梓「さて鍵もかけたし…」

梓「!」

澪「!あ、律か!?梓が!助け(ry」

梓「ちょっと何してるんですか?」

澪「何って…練習しないとなって思ってみんなを…」

梓「どうせいつもやってないじゃないですか」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 01:29:19.80 ID:3T19+MfS0
澪「だけど…」

梓「エッチしないと怒るって言ってるじゃないですか^^」

澪「なんでいきなり…」

梓「いきなりじゃないですよ」

澪「へ?」

梓「3ヵ月前から入念に計画を練ってました」

澪「私にしてみたらいきなりってことに変わりはないんだけどな」

梓「黙ってて下さい」

澪「な…」

梓「律先輩達は今日きません」

澪「それは一体どういうこと…?」




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 01:41:09.75 ID:3T19+MfS0
梓「言葉通りですよ」

澪「でもなんで来ないんだ?」

梓「だって今日の部活はおやすみですから」

澪「聞いてないぞそんなこと…」

梓「それはそうでしょう。私がそう仕向けたんですから」

 「今日が休みと決まった時に澪先輩への伝令役を私が買って出て黙ってただけのことです」

澪「それが入念に練った計画…」ププ

梓「うるさいです!」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 01:42:57.71 ID:3T19+MfS0
梓「とにかく助けは来ませんから!」

 「それにさっきから挑発的な発言が目立ちますね…」

澪「挑発的なのは梓だろ!」

 「さっきは不意打ちを喰らったけど今度はそうは行かないぞ…」

梓「望むところです」

 「三か月間鍛えに鍛えぬいた私のパワーに勝てるものなら…」フフフ

澪「律を片手で持ちあげられる私の腕力を舐めるなよ…」




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 01:49:48.17 ID:3T19+MfS0
梓「重要なのは力だけでなくスピードですよ」

澪「!」

梓「隙あり!」

梓「……あれ?どこに?」

 「……後ろか!」サッ

澪「ちっ!逃げられたか…」

 「さすがに小さいと動きも早いな」

梓「澪先輩!おとなしく私とエッチして下さい!」

 「今のうちなら抵抗したことは見逃して優しくしてあげますよ」

澪「なんで私が梓とえ、エッチしなきゃいけないんだよ…///」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 02:14:22.88 ID:3T19+MfS0
梓「私の体が澪先輩の体を欲しているからです」

 「それ以外に理由はいりますか?」

澪(駄目だこいつ…早くなんとかしないと…)

澪「とりあえず今日は帰らせてくれ」

梓「ダメです…そのはだけた制服のせいで私の理性が崩壊しそうなんですから」

澪「もう崩壊して異常な行動してる自覚はないのか…?」

梓「澪先輩…口ではやだやだ言っても本当はやって欲しいんじゃないんですか?」

 「そんな挑発的な発言ばっかり…」

澪「梓が何と言おうとヤらないし帰るからな」

梓「そうですか…本気出してもいいですよね…」ゴゴゴ

バッ!




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 02:15:32.01 ID:3T19+MfS0
澪「!」

梓「私の本気はさっきの2倍のスピードですから見えなかったでしょう?」ニヤリ

澪「こんなにあっさり捕まるなんて…」

梓「捕まえられた…の間違いじゃなくて?」

澪「こうなったら引きずってでも逃げてやる!」

梓「澪先輩歩いたら危ないですよ」クスクス

澪「へ?」ズルッ

バタン!

梓「澪先輩の足とソファーを結んでおいたんですよ」

梓「これで逃げられませんね」

 「アハハハハハハ!!!!」

澪「あぁ…」ビクビク…




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 02:20:45.98 ID:3T19+MfS0
梓「うひょひょひょひょー」

梓「震える澪先輩を見てるとぞくぞくしますね」

澪「……」ブルブル

梓「そんなに怯えることないですよ」

澪「……」ブルブル

梓「私とエッチするだけですからね」ペロ

澪「ひっ!」ビクッ

梓「ほっぺ舐めただけじゃないですか…」

 「本番はまだまだこれからですよ」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 02:26:30.06 ID:3T19+MfS0
澪「梓…」

梓「なんですか澪先輩?」

澪「これ以上は止めてくれないか…」

梓「それは無理な要望ですね」

 「最初にも言った通りこうなった私はこうなったら止まりません」

 「だからおとなしくエッチして下さいね」

 「じゃないと本当に怒りますから」

澪「もう…怒ってるじゃん…」

梓「私は怒ってませんよ^^」ムニュ

澪「や…」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 02:32:58.21 ID:3T19+MfS0
梓「おっと…危ないですねその左手は…」

澪「やめないなら律みたいに殴るぞ…」

梓「それは嫌ですね…縛っておかなきゃ」ギュッ

澪「え?いつの間に??」

梓「だから私が本気を出せばこれくらい朝飯前ですよ」

澪「うぅ…」

梓「それにしてもやっぱり制服は半脱ぎが一番そそりますよね」

澪「そんなの…知らない…」

梓「こんなえっちぃ体しちゃって…」

 「嗚呼…これより柔らかいものなんてあるのでしょうか」スリスリ




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 02:39:41.43 ID:3T19+MfS0
澪「この変態が…」ボソ

梓「素晴らしい褒め言葉ありがとうございます」

 「嬉しいのでみおっぱいにダイブです!!」

澪「褒めてないっ!…パ、パフパフするな///」

梓「ぷはぁっ!まさにふわふわ時間ですね♪溺れちゃいそうでしたよ」

 「今の私には罵られることが最高の褒め言葉です」モミモミ

 「澪先輩が私を罵るだけ私は興奮しますからね」モミモミ




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 02:47:56.88 ID:3T19+MfS0
澪「いつまで揉んでるんだこの……」

梓「どうしたんですか?変態と言いたければ言えばいいじゃないですか」モミモミ

 「なにか言えない理由でもあるんですか?」モミモミ

澪「変態!!!」

梓「お褒めの言葉ありがとうございまーす!!!」チュゥゥゥゥ

澪「は…ぁ…ちく…ダメ…」

梓「母乳は出ないんですか?出してくださいよ!」チュゥゥゥゥ

澪「出るわけないだろっ…ゃ…あ♥」

梓「じゃあ出るまで吸うまでですね!」チュゥゥゥゥ

澪「子どもいないんだから…や…出るわけない…ってぇ…」




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 03:03:13.19 ID:3T19+MfS0
梓「気合いで出して下さい」

 「私は澪先輩から出てきた液体を飲みたいんです」チュゥゥゥゥ

澪「液体ってなんだよ…涎とか汗でもアリなのかよ…」ボソ

梓「ぷはっ!もちろんアリですよ!」

澪「え?ちょ…梓近い!…んんっ!」

梓「ちゅぱ……じゅる……」

澪「んーーーっ!!んんーーーっ!!!」バタバタ

梓「じゅるるるる……はぁ……はぁ……」

澪「ゲホ…ゲホ……」

梓「はぁ…おいしかったです澪先輩の唾液…」///

澪「そうか……」ゲッソリ
 (なんで顔赤らめてるんだよ!おかしいだろ!)




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 03:33:19.06 ID:3T19+MfS0
梓「唾液はおいしいのに澪先輩ってキスあんまりうまくないですね!」

澪「だって…初めてだもん…ていうか唾液の美味さとキスの上手さ関係あるのかよ!?」
 (初めて…か…)
 (梓がおかし過ぎて初めて奪われたのに実感が沸かないな…)

梓「美味いと上手い掛けたんですか?それもあんまりうまくないですね!」クスクス

澪「初めては無視か…」

梓「初めてだったんですか…?」

 「ていうことはあっちも?」

澪「あ、当たり前だ…///」

梓「へぇ…処女……それは興奮しますね」ハァハァ

 「でも私もこんなことするの澪先輩が初めてですよ」ペロ




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 03:34:41.23 ID:3T19+MfS0
澪「んっ…他にもレイプした経験があったらそれはそれで問題だけどな」ゾクゾク

梓「レイプ?人聞きの悪いこと言わないで下さい?」ペロ

澪「やっ…いちいち体のあちこち舐めまわしながら言うな」ゾクゾク

 「ていうかこれは明らかにレイプだろ!」

梓「ふへへ…どこを舐めても反応するなんて…澪先輩淫乱ですね」ペロ

澪「ひゃっ!」ビクビク

梓「ほら、こんなに感じてるのにレイプ?」

 「これはどう考えても和姦じゃないですか」ペロ

澪「ん…あっ♥…もうどうでもいいよ…」

梓「そろそろ濡れてきましたか?」スル…




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 05:24:06.68 ID:3T19+MfS0
澪「ぃゃぁ……」

梓「うわぁいやらしい声出しちゃって…」///

澪「そこは触らないでよぉ…」

梓「いきなり弱気になりましたね」

 「さっきまでの威勢の良さはどこにいったんです?」

澪「もう好きにすればいいさ」

 「罵れば罵るほど興奮するんだったらおとなしくしてるよ」

梓「じゃあ何されても文句無しですね」ククク

 「それでもいいんですか?」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 05:33:42.88 ID:3T19+MfS0
澪「だけど…痛いのだけはしないで…」ウルウル

梓「ダメです、初エッチは痛いものです我慢して下さい」

澪「やだ…」ボソ
 (ちっ、ダメだったか…)

梓「はい?」

澪「やだ」

梓「おとなしくしてるんじゃなかったんですか?」

澪「痛いのはやだ!」

梓「あでっ!」ドガッ

澪「まだ右足だけは自由だったよ」ニヤ

梓「油断させて不意打ちとは小癪な…縛ってやるです!」

澪「出来るものならやってみろ!」ジタバタ




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 05:40:55.03 ID:3T19+MfS0
梓「右足だけで何が出来るって言うんです!」

 「無駄な抵抗をすればするほど後で酷い目にあいますよ」

澪「梓こそいい加減諦めたらどうだ?」

 「私の電話を聞いて律が来るかもしれないじゃないか」

梓「きっと来ませんよあの電話じゃ場所も分からないでしょうし」ククク

澪「うぅ…」

梓「わかったら早く私とエッチして下さい!本当に怒りますよ!」
 (どうしよう片足は自由にしておかないと…)
 (じゃないとあの太ももに挟まれたり、足を開脚させたり出来ない…)
 (でもあのリーチの長い脚は危険…)




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 05:53:33.02 ID:3T19+MfS0
澪「か、勝手に怒ればいいじゃないか!」

 「痛いのは絶対やだ!」

梓「はぁ…そもそもそんな抵抗したって澪先輩が身動きできないことには変わりはないんですよ?」

澪「それでも梓のしたいようにはさせないぞ…」

梓「じゃあ私のテクニックで痛くならないようにします」

 「それなら文句ないですよね?」

澪「とにかく誰か助けに来るまで抵抗し続けてやる」

梓「そうですか…」

 「もう正面から澪先輩の陰部に突っ込んでやります!」

澪「させるか!」スカッ

梓「フェイントですよ澪先輩^^」

澪「んな…」




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 05:56:32.27 ID:3T19+MfS0
梓「それはそうと澪先輩…」

 「今日は縞パンじゃなくてうさちゃんのパンツなんですね」プクク

澪「う…うるさい!」カァァ///

梓「スキあり!!」

ガシッ

澪「!」

 「離せ!エロチビ梓!」ジタバタ




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 06:03:35.92 ID:3T19+MfS0
梓「言いましたよね?私は3ヵ月前から筋トレに励んでいたと」ニヤ

澪「離してくれよ梓」バタバタ

梓「無駄ですよいくら足に力を入れても…」

 「澪先輩は左利き。右足の力じゃ私の鍛え上げた左腕には勝てないですから」

 「まあ左足だろうと今の私には関係ありませんが…」

澪「もう蹴らないから離して…」

 「おとなしくするから離して…」

 「お願いだから離してくれよ…」

梓「もうその手には乗りませんよ」

澪「…………」




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 06:12:41.03 ID:3T19+MfS0
梓「さあ!覚悟はいいですか澪先輩?」

 「今まで散々抵抗した挙句、可愛い後輩であるはずの私に蹴りを入れたんですから…」

澪「…………」

 「今の梓は可愛い後輩なんかじゃない…ただのレイプ魔だ!」

梓「そうですか…でも私だって痛いのを受けたんです」

 「だから澪先輩も痛いことしましょうね^^」ツンツン

澪「やめて!触るらないで!」

梓「あれぇ?なんか湿ってますね?なんででしょうか?」^^

澪「湿ってなんかない…」///




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 06:16:58.34 ID:3T19+MfS0
梓「嗚呼…ここが澪先輩の…」クニクニ

澪「くっ!」ジタバタ

梓「どうしたんですかいきなり?感じちゃいましたか?」フフフ

 「あと足をバタバタさせないで下さい」

澪「もう…やめて…」

梓「さてと、、陰部を開発する前に澪先輩の太ももに挟まれましょうか…」ギュッ

澪「この…変…態…」
 (どうしよう…本当に力が強過ぎる…)




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 06:26:21.43 ID:3T19+MfS0
梓「もう堪りません!もっと…もっと罵って下さい!」ペロ

澪「あ…あぁ…………」ゾワァ

梓「こんなにいやらしい太ももに挟まれて私は幸せです!」レローン

澪「ひぃぃぃ…………」ゾクゾク

梓「いい声で鳴きますね澪先輩」ハァハァ

澪「足に…息かけないで…くすぐったい…」

梓「こうですか?」ハァハァハァハァ

澪「やめてぇ…」ギュゥゥゥゥ

梓「いい締りです///」




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 06:36:55.66 ID:3T19+MfS0
梓「きっとあそこの締まりもいいんでしょうね」

 「ちょっと足開かせてもらいますね」ハァハァ

澪「それだけは本当にやめて!」

梓「うさちゃんパンツがじっとりと湿ってますね」スンスン

 「この蒸れた匂い…堪らないですね」

 「それではこの最後の防御を突破したいと思います!」ススス

澪「梓!やめて!」

梓「おぉ…」///




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 06:38:46.55 ID:aZfL3cvnO
あずにゃん変態過ぎるだろwww




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 06:48:47.12 ID:3T19+MfS0
澪「見ないでぇ…」///

梓「とうとうここまでやってきた…」

 「それにしてもとってもキレイなピンク色ですね」

 「さすがうさちゃんパンツの澪先輩」

澪「いっそころしてぇ…」///

梓「恥ずかしがることないですよ!こんなにキレイなんですから…」

 「まるでブラックホールに吸い込まれるかのように私は吸いこまれていきますよ」ハァ‥ハァ‥

澪「ダメ!汚いからダメだって!」




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 06:55:45.52 ID:3T19+MfS0
梓「澪先輩に汚い場所なんてありませんよ」ペロ‥

澪「ひゃうっ!」///

梓「軽くクリちゃんを舐めただけでこれですか」

 「すごい…一気に愛液が出てきましたよ澪先輩」

澪「お願い本当にやめて梓…」

 「恥ずかしくてしにそう…」///

梓「恥ずかしくてしぬことなんてありませんから安心して下さい」ジュル

 「嗚呼…澪先輩の愛液おいしい…」///

澪「や…だ…」




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 07:11:11.30 ID:3T19+MfS0
梓「澪先輩の愛液…もっと飲みたいです!」ペロペロ

 「わぁ///舐めるたびに溢れ出てくる///」レロレロ

澪「もうやめてー!」><

梓「止まらないですね澪先輩」ジュル

 「もう逝っちゃいますか?」チュパチュパ

澪「いやああああああ//////」プシャー

梓「これが聖水…なんて神々しい…」

 「これを浴びることのできた私は幸せ者です」




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 07:15:30.33 ID:3T19+MfS0
澪「もう…終わりだよな…?」グッタリ

梓「何言ってるんですか澪先輩!」

澪「お願い…舐めるだけで勘弁して…」

 「蹴っ飛ばしたのとか抵抗したのとか謝るから…」

梓「そんなことはもういいんです」

 「ただ私のおさまりがつかないんです」

澪「嘘だよな…?嘘だと言ってくれ梓…」

梓「本当ですよ澪先輩」ニコ




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 07:24:12.08 ID:3T19+MfS0
澪「あ、ああ…」ガクガク

梓「これだけ濡れてれば痛くないでしょうね」ニヤ

澪「ひっ…梓の…指が入ってくる…」

梓「私の指…たっぷりと味わってくださいね…」

澪「それだけは本当にやめて!早く抜いて!」

梓「まだ一本じゃないですか」フフフ

 「三ヶ月間鍛えたのですごく早いですよ」

澪「や、やだ!!」

梓「逝きます!スーパーあずさ1号!」

澪「やだーーーーー!」




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 07:28:45.16 ID:3T19+MfS0
梓「まだ一本ですから逝かないで下さいね!」

澪「やだ!」

 「やだ!」

 「やだ!」

梓「澪先輩まだ次がありますよ!」

澪「やだ!」

 「やだ!」

 「やだ!」




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 07:33:05.95 ID:3T19+MfS0
梓「何がいやなんですか?」

 「やっぱり一本じゃ物足りませんよね…」

澪「ちがっ…」

梓「ごめんなさい澪先輩」

 「それでは二本目追加しますね」

澪「や、やだ!やだ!!」

梓「逝きます!!スーパーあずさ2号!!」

澪「やだーーーーー!!」




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 07:39:47.96 ID:3T19+MfS0
梓「これで満足ですか?」

澪「うぅ……」

梓「まったく…こんなに強くしめちゃって…」

澪「痛い…」

梓「え?物足りない?」

 「本当にすみません澪先輩」

 「じゃあ三本目追加しますね」

澪「やだ!やだ!!やだ!!!」

梓「逝きます!!!スーパーあずさ3号!!!」

澪「やだーーーーー!!!」




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 07:52:49.17 ID:3T19+MfS0
梓「あれ?澪先輩…?」

梓「起きてくださいよ」

澪「」

梓「澪先輩」ユサユサ

澪「」

梓「澪先輩…?」

澪「」

梓「ごめんなさい…」ポロポロ




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 07:55:48.66 ID:3T19+MfS0
梓「どうしよう…どうしよう…」

梓「とりあえず手足を解いてあげなきゃ…」

梓「私が悪かったんです…」ヒック

梓「調子に乗り過ぎてすみませんで…うぐっ…」

澪「本当だな?」

梓「でも今…くっ…騙しましたね…」

澪「そんなことよりも自分の状況をよく見た方がいいぞ」




78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 08:01:44.42 ID:3T19+MfS0
梓「ちょっとなんなんですかこれは!」

 「解いて下さいよ!!」

澪「痛かったなぁ…」

澪「梓に酷い目に合されたなぁ」ススス

梓「にゃっ!」

澪「ずいぶんと可愛い喘ぎ声じゃないか梓」

梓「くぅ……」




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 08:07:05.83 ID:3T19+MfS0
澪「おいおい梓…先輩をそんな目で見るんじゃない」

梓「何するんですか私に」

澪「何して欲しいんだ?」

梓「何もしないで下さい」

澪「じゃあこのまま解かないで私は帰るからな」

梓「ま、待ってよ澪先輩!!」

澪「待って『下さい』だろ梓」

梓「すみません…」




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 08:13:08.72 ID:3T19+MfS0
澪「悪い後輩にはしつけが必要だな」

 「ふぅ…これも可愛い後輩のためだ」スー

梓「ああ…やめてよ澪先輩…」

澪「やめて『下さい』だ」

澪「二回目だぞ」スス

梓「はぅっ!ごめんなさい」

澪「まあやめないんだけどな」ニヤ




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 08:25:11.72 ID:3T19+MfS0
梓「ごめんなさい!」

梓「もうしないから許してよぉ…」

澪「ダメだ!梓の初めてをもらう」

梓「澪先輩は…それで許してくれるんですか…?」

澪「…………」

 「さぁな……」

梓「んぐっ…んんーーーーっ!!」ジタバタ


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



―――――――――――――――――――――――――――


おわり




83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 08:27:00.05 ID:E0cWQO4y0

抜かせてもらうよ




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 08:31:48.73 ID:aZfL3cvnO


澪が終始ヘタレだけどなんかかっこいいwwww








画像を押すとランダムで記事を表示します!
暇つぶしに最適です。

       SS速報 最新記事一覧       

TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん! ! 」イメージソング 平沢唯
TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん! ! 」イメージソング 平沢唯

TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ  「けいおん! ! 」イメージソング 秋山澪
TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん! ! 」イメージソング 秋山澪

TVアニメ「けいおん! ! 」劇中歌  ごはんはおかず/U&I
TVアニメ「けいおん! ! 」劇中歌 ごはんはおかず/U&I

[ 2010/10/05 19:22 ] けいおん | TB(0) | CM(3) はてなブックマークに追加
スーパーあずさで笑ってしまった
[ 編集 ]
一get
[ 編集 ]
私の体も澪先輩の体を欲しているからです
[ 編集 ]









 

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

けいおん! 1/8 中野 梓 (1/8 PVC塗装済み完成品)
けいおん! 1/8 中野 梓 (1/8 PVC塗装済み完成品)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。