お知らせ
サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。


サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)はてなブックマークに追加

純梓「乙女なお話」

_SL160_
純梓「乙女なお話」
サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。


サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。

サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。




1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 21:18:35.17 ID:yCcCzzf0O
純「あー、暇っ。ちーっとも眠くなんないし」

時間はもうすぐ深夜0時

純「おーい、あずにゃん2号?」

・・・

相変わらずどこをほっつき歩いてるのやら
最近家にいる事の方が少なくないか?

純「むー、やっぱり名前のせいだな。名付け親に似る事もなかろうに」

♪ゴハンハスゴイヨナンデモアウヨ-

うっ!この着ウタは梓!

純「なんたる地獄耳!猫の怨念恐るべし!」

まぁ、暇つぶしにはちょうどいいけどさ




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 21:21:19.51 ID:yCcCzzf0O
純「なーにー、梓ぁ」

梓「取るのが遅い」ピッ ツーツー

…切ったよ、おい

ホントに猫並みの気紛れ屋じゃないの、梓ってさ

純「どうせまたすぐにかけてくるんでしょ。その手には乗らんぜよ」

・・・

純「…かけてこないし」

仕方ない、こちらからと思ったら携帯の液晶点灯
すかさず通話ON!

純「あんたさぁ、そのいきなり切るのはやめなよ」

梓「あぁごめんごめん。ちょっとトイレ行って来たんだよ」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 21:22:42.66 ID:yCcCzzf0O
純「…なんで電話の前に済ませておかないのよ」

梓「生理現象じゃん。なんか純の声を聞いた途端にもよおしてさぁ」

純「私は便秘薬か」

梓「これは便利かも知れない、うん」

純「あんた…それマジで言ってるでしょ」

梓「便秘は乙女の大敵なんだよ」

純「そりゃそうだ。私もさぁ…て、何の話だこれは!」

梓「ん?便秘の話だけど?」

純「…なんか私が電話を切りたくなってきたわ」




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 21:24:07.00 ID:yCcCzzf0O
梓「あっそ」ピッ ツーツー

…ま、また切られた

純「まさか、またトイレなんじゃ…」

再び携帯の液晶点灯
またすかさず通話ON!

純「だから、なぜ切る!」

梓「なによ、人に携帯持ったままトイレに行けって言うの?」

純「…いや、それ絶対話がおかしいし」

梓「あんたまさか…変な趣味があるんじゃないでしょうね?」

純「…なんか頭痛くなってきたわ」

梓「そうなの?早く寝たほうがいいよ。最近は質の悪い風邪が流行ってるし」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 21:25:44.61 ID:yCcCzzf0O
純「…そうさせてもらおうかな」

梓「なによ、私の電話をほったらかして寝る気?見損なったよ、親友」

純「…あのさぁ、梓。私ってホントにあんたのなんな訳?」

梓「ん?…引き立て役、かな」

純「…私、本気であんたの事キライになりそうだわ」

梓「あはは、そんな訳ないよぉ。純が私の事キライになれる訳ないって」

純「ハァ…いっそ本気でキライになりたいわ」

梓「無理は身体に毒だよ。ストレスは便秘の元だし」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 21:27:19.75 ID:yCcCzzf0O
純「そうなんだよねぇ。なんか最近さぁ、部活の後輩の揉め事やなんやらでストレスが…って待て!なんの話だ、一体!?」

梓「ん?ストレスは便秘の元って話だけど?」

純「…いや、それなんか違うし」

梓「なんでよ?ストレスが便秘の原因になるのは医学的にも証明されてるしさ」

純「…あのさぁ、お願いだから便秘の話はやめない?」

梓「便秘は乙女の大敵なんだよ!分かってるの、純?」

純「…いや、それは分かるけどさぁ」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 21:28:45.05 ID:yCcCzzf0O
梓「分かってるなら良し!」

純「あのさぁ、さっきから話が便秘から進まないんだけど…」

梓「なによ、あんたまだ便秘を甘く見てるの?」

純「いや、そんな事はないんだけどさぁ」

梓「あのね、純。乙女にとって便秘は立派な病気だよ?ニキビとか出来ちゃうんだよ?分かるでしょ?」

純「うっ!それは嫌過ぎる」

梓「でしょ?それにあまりにも便秘でお腹が圧迫されると、生理不順の原因になったりもするしさ」




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 21:35:40.66 ID:yCcCzzf0O
純「むー、そう考えると便秘って確かに怖いわ…」

梓「でしょ?乙女の憂鬱とはよく言ったもんだよ」

純「ねぇ、梓…やっぱりなんかおかしくない?」

梓「ん?なにが?」

純「いや、だからさぁ、なんの電話だっけ、これ?」

梓「ん?便秘は怖いって話だけど、なにか?」

純「…それなんか違わない?」

梓「違わないよ!便秘は大変なんだよ!痔の原因にもなるし」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 21:37:06.29 ID:yCcCzzf0O
純「え!それマジ?」

梓「マジだよ!あのね、便秘の時ってさ、なんとか出そうと頑張る訳じゃん」

純「まぁ確かに」

梓「でしょ?でも便秘だから出ない。けど、なんとか出そうと頑張る。けどやっぱり…この繰り返しとかあるよね?」

純「あぁ、あるわそれー。あれってさお尻の穴が痛くなってくるよね」

梓「そう!それが既に痔の魔の手が伸びてる証なんだよ!」

純「うっ!それは嫌過ぎる!」

梓「あ、因みに今の『お尻の穴が痛くなってくるよね』ての通録しといたから」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 21:38:45.96 ID:yCcCzzf0O
純「はぁ!?なによそれっ!」

梓「まぁまぁ。所で話は変わるんだけどさ…」

純「ちょっと待て!便秘の話に戻せっ!」

梓「あのさ、純。花も恥じらう乙女が、電話とは言え便秘の話とかやめようよ、ね?」

純「…あんた頭大丈夫?」

梓「ん?純よりはマシだと思うけど?思いっきりサラサラストレートだし」

純「そうだよね、梓の髪ってホントに綺麗だよね。あー、羨ましい!」

梓「縮毛矯正とかやってみたら?」

純「でも、あれって高いしさぁ」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 21:40:10.74 ID:yCcCzzf0O
梓「確かに学生の身には辛い額だよね」

純「部活があるからバイトも出来ないしさぁ」

梓「いっその事、もっと派手にパーマかけてみるとか?」

純「でもパーマって髪痛むじゃん?余計に癖がキツくなりそうだし」

梓「でもさストパーも微妙だよ?あれって髪をまっすぐにしても、元々の髪質は変わらないからさ、妙に艶の無いごわついた感じでさ」

純「だよねぇ…て、なんの話してたんだっけ?」

梓「髪は女の命ですって話だけど?」

純「あー、梓が羨ましい!」




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 21:41:16.07 ID:yCcCzzf0O
梓「これはこれで結構大変なんだよ。手入れを怠ると枝毛や切れ毛が酷いし、寝てるだけでもつれたりもするしさ」

純「それでもやっぱり羨ましい!」

梓「まぁまぁ。所で話は変わるんだけどさ」

純「ちょっと待った!なんか大事な事を忘れてるような…」

梓「ん?だから今からそれを話そうと思ってるんだけど?」

純「あ、そっか。で、なんだっけ?」

梓「純、明日は暇だよね?」

純「なんで暇確定なのよ?」

梓「だって明日日曜日だし、ジャズ研も休みって言ってたじゃん」




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 21:42:28.59 ID:yCcCzzf0O
純「まぁ、確かに暇なんだけどさ」

梓「それでさ、明日憂も誘って一緒に遊ばない?」

純「いいよ」

梓「それじゃ明日の朝10時にいつもの場所でいいかな」

純「オッケー、分かった」

梓「それじゃオヤスミ」

純「あいよ、おやすみ」

純「…なんか忘れてるような…まっいいか、寝よ寝よ」

zzZ




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 21:43:31.68 ID:yCcCzzf0O
翌日

純「おっはよー、あーずさっ」

梓「おはよう、純」

純「あれ、憂はまだ?」

梓「うん、まだだよ」

純「珍しいね、憂が一番遅いなんて」

梓「そうだね」

♪お尻の穴が痛くなってくるよね
♪お尻の穴が痛くなってくるよね

梓「あ、憂から電話だ」

純「ちょ!待ていっ!なによ今のっ!!」

梓「ん?携帯の着信音だけど?」

純「いや、そうじゃなくて」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 21:46:14.64 ID:yCcCzzf0O
梓「ちょっと純、電話の邪魔」

純「…邪魔ってあんた」

・・・

梓「憂ちょっと遅れるって。それで、なんだったかな?」

純「いや、だからさっきの着信音なによ、あれ!」

梓「ん?昨夜の純の声をちょっと加工してみただけだよ」

純「あのさ…もしかしてあんた、私に嫌がらせしてんの?」

梓「…そんな訳…ないよ」

純「梓?」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 21:47:32.87 ID:yCcCzzf0O
梓「こうでもしないと…純、私の事を見てくれないもん」

純「…あんた、それでこんな事を?」

梓「言わせないでよ…こんなの」

純「…梓」

ホント、素直じゃない奴
でも、そんなあんたの事嫌いじゃないよ、梓
思わず吸い込まれるように梓との距離を縮める私

梓「あ、でも…」

純「なに?」

梓「キスとかしようとしたら、舌噛んでやるです!」

純「…やっぱ可愛くないわ、あんた」

梓「そう?趣味悪いね、純」

お し ま い




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 21:52:25.96 ID:QMJQ19Vj0
もうちょっと続けてほしかったけどとりあえずお疲れ様




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 21:56:22.15 ID:U22qVKp3Q
も少し続けて欲しかったけど乙!
この距離感いいね





26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 22:17:56.46 ID:yCcCzzf0O
>>1です。

遅くなったけど、支援ありがとうございました。

普段マジメな百合SSばかり書いてて、試しに書いたコメディー系なので、短いのはご容赦下さい。

次はもう少し長いのを書いてみます。

では、見てくれた皆様に感謝です。





28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 23:19:38.14 ID:yCcCzzf0O
急遽続きを書いてみました。

純「大きなお世話ですぅ」

梓「まぁまぁ。あ、憂が先にお茶でもしててってさ」

純「そんじゃ取り敢えず移動しますか」

FF店内

純「この席なら憂もすぐ分かるよね」

梓「そうだね。あ、私ちょっとトイレ行って来るよ」

純「…またトイレ行くし」

・・・

純「むー、梓の奴、ちーっとも帰って来ないし」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 23:21:20.35 ID:yCcCzzf0O
憂「お待たせー。ごめんね、純ちゃん」

純「あぁ、憂。珍しいじゃん。あんたが遅刻なんて」

憂「ごめんごめん。あのね、純ちゃんとお出かけすると思ったら急に…」

純「急に?」

憂「…ごめん、純ちゃん。ちょっとおトイレ行って来るね」

純「う、うん」

・・・

梓「ごめん、お待たせー。あれ?憂はまだなの?」




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 23:22:39.44 ID:yCcCzzf0O
純「いや、来た事は来たんだけどさぁ」

梓「…あんたまさか憂に良からぬ事をしたんじゃ?」

純「…あんた私の事を一体どんな風に思ってんのよ?」

梓「ん?引き立て役で便秘薬だけど?」

純「…あんたマジで言ってるでしょ、それ」

梓「あぁ、後ねリラックマみたいで可愛いな、と思ってるよ」

純「…なんか嘘臭いし」

梓「そんな事ないよぉ。ほら、髪型とかもなんか雰囲気あるじゃん」




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 23:25:30.09 ID:yCcCzzf0O
純「そ、そうかな//」

梓「うん。あ、でも…」

純「…でも、なによ?」

梓「リラックマって言うよりは、チリックマって感じかも?」

純「…チリ…だ…と?」

梓「…あのさ、チリ…じゃ無くて、純」

純「…なによ」

梓「ちょっとトイレ行って来るよ」

純「はぁ?またぁ?」

梓「ホンっとゴメン。マジヤバいわ、ちょっと行って来るっ!」

純「…なんなのよ、一体」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 23:26:46.20 ID:yCcCzzf0O
憂「ごめーん、純ちゃん」

純「あ、お帰りー、憂」

憂「本当にゴメンね。なんだか急にお腹の調子がちょっと…」

純「いやいや、快便なのは健康な証拠だよ」

憂「もー、純ちゃんたら、お店の中で恥ずかしいよ//」

純「あ、ごめん。なんか梓のが伝染っちゃったよ」

憂「あれ?そう言えば梓ちゃんは?」

純「それがさぁ、憂と入れ替わりでまたトイレなんだよ」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 23:28:11.96 ID:yCcCzzf0O
憂「そうなんだ。そう言えば私もね、家を出ようとしたら突然、その…」

純「あぁ、そう言えばそんな事言ってたね。で、なんなの一体?」

憂「あ、うん、そ、そのね…//」

純「ん?どうした、憂?なんか顔色悪いし、鳥肌が立ってるけど…もしかして調子悪いの?」

憂「そっ、そうじゃなくて、その…//」

純「その?」

憂「ごめんっ、純ちゃん。おトイレ行って来るっ!」

純「はぁ?」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 23:29:32.20 ID:yCcCzzf0O
・・・

純「梓はともかく、憂までなんなのよ…」

♪ゴハンハスゴイヨナンデモアウヨ-

純「ん?梓からメール?」

純「同じ店内にいて、メールって」

純「ん?なになに『これ以上は身体が保たないので、憂と先に帰ります』だと?」

純「…私って一体なんなのさ!?」


今度こそおしまい




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 23:34:02.88 ID:yCcCzzf0O
>>1です。

なんかバタバタですいませんが、何気に好評っぽいので急遽続けてみましたw

あくまで試しに書いたので、是非率直な御意見お願いします。

それでは、ありがとうございました。





38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 23:36:31.26 ID:U22qVKp3Q
乙!
純って大概こういう扱いだなww








画像を押すとランダムで記事を表示します!
暇つぶしに最適です。

       SS速報 最新記事一覧       

TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん! ! 」イメージソング 平沢唯
TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん! ! 」イメージソング 平沢唯

TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ  「けいおん! ! 」イメージソング 秋山澪
TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん! ! 」イメージソング 秋山澪

TVアニメ「けいおん! ! 」劇中歌  ごはんはおかず/U&I
TVアニメ「けいおん! ! 」劇中歌 ごはんはおかず/U&I

[ 2010/09/21 19:12 ] けいおん | TB(0) | CM(3) はてなブックマークに追加
純と梓の立場を逆にしたらしっくり来る
[ 編集 ]
これが乙女な話か
なにも言わないでおこう
[ 編集 ]
純粋って読んてしまった。
[ 編集 ]









 

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

けいおん! 1/8 中野 梓 (1/8 PVC塗装済み完成品)
けいおん! 1/8 中野 梓 (1/8 PVC塗装済み完成品)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。