お知らせ
サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。


サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)はてなブックマークに追加

渚「男さん、おはようございます」

_SL160_
渚「男さん、おはようございます」
サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。


サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。

サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。




1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 13:47:58.15 ID:q5c9N/Ry0
ピピピピピ

男「うぅ~ん・・・朝か」

男「今日も仕事か・・・休みもないし、また上司にいびられるんだろうな・・・」

男「まっ悩んでてもしょうがない、仕事いくべ!」


職場

男「ふぅ・・はよざいまーす」

渚「あっ男さん、おはようございますです!」

男「」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 13:48:40.20 ID:q5c9N/Ry0
杏「おはよう。今日は遅かったわねぇ?いや、今日もか・・・」

男「す、すいません(?????)」

杏「どうしたの?いつもの元気はどこに行ったのよ」

男「え、う、うんアハハ(なんだこの子達は・・??)」

杏「あ、店長おはようございます!」

美佐江「みんなおはよう!今日も元気よく行くわよ!」

美佐江「男ぉ~まーたシャツが出てるじゃないの・・・」

男「す、すいません」

渚「今日の男さん、なんか変です」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 13:50:36.94 ID:q5c9N/Ry0
休憩中

男「どうなってんだ?夢・・・じゃないみたいだな」

男「なんかあの子達、昔やったゲームのキャラに似てるような気がする・・・」

春原「す、すいません遅刻しました!!!!」

男「うぉっ(び、びっくりした・・・金髪・・?)」

美佐江「すーのーはーらー・・・」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

バキィッ

春原「ぶぇぁっ!!!!」

ピクピク




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 13:51:50.60 ID:q5c9N/Ry0
男「な、な・・・な・・」

美佐江「あーら、休憩中にごめんなさいね。まぁいつものことじゃない。オホホ」



男「あ、あの大丈夫?」

春原「お、男じゃないか。おはよ」

男(こいつになら聞いてもよさそうだな)




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 13:53:27.01 ID:sQhkMgV90
これまた珍しいですね




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 13:57:45.96 ID:q5c9N/Ry0
男「あのさ、今って平成何年だ?そしてあの人達は?」

春原「はぁ?気でも違ったか?平成?なにそれ食えるの?」

男「(やっぱり・・・)」

春原「それに、あ~んな美女で巨乳でピチピチな子達ばっかりなのに忘れるなんt」にぎにぎ

バキッ

春原「へぶっ!!!」

男「(なんで国語辞典が・・・)」

・・・・・・・




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 14:00:38.92 ID:q5c9N/Ry0
終礼

お疲れ様でしたー!!

男「よくわかんないが、無事に一日が終わったな・・・」

渚「あっあの!男君っ!」

男「は、はい?なんでしょうか渚さん」

渚「うー・・・渚さん、なんて変な男君です」

渚「それで、あの・・きょ、今日も一緒に帰りませんか?」

男「(ちょwww女の子と一緒に帰るなんて、これなんてエロゲwww)」

男「あ、あぁもちろんいいよ(キリッ」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 14:05:55.41 ID:q5c9N/Ry0
帰路

渚「今日も疲れました」

男「そ、そうだねフヒ」

渚「男君、今日もお夕飯はコンビニ弁当で済ませるんですか?」

男「(えっ俺実家に住んでたはずじゃ)う、うん。そうだよ」

渚「あの、もし迷惑じゃなければ、私が男君にお夕飯つくりにいってもいいでしょうか」

男「え、い、いいいいよもちろn」

渚「クスッやっぱり今日の男君、変ですよぉ」

男「ア、アハハ(ドキドキ)」




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 14:08:06.70 ID:q5c9N/Ry0
男家

男 渚「ただいま~」

?「遅かったじゃないか、男」

渚「とっ智代さん!」

男「えっちょwww」

智代「渚も一緒だったのか。なんだ?私がいてはダメか」




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 14:15:44.80 ID:q5c9N/Ry0
男「え、えっと(うわー美味そう)」

渚「ご、ごめんなさい!お邪魔しましたです!」

智代「お、おい!待て!」

男「ポカーン・・・」

智代「す、すまない。私はただ、お前がいつもコンビニ弁当ばかりだと聞いたから、な」

智代「ほら、ボサっとしてないで行ってやってくれ」

男「お、おう」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 14:18:14.99 ID:q5c9N/Ry0
智代「フッまったく、あいつには敵わないな」

男「はぁ、はぁ・・・まったくなんなんだよ・・・ん?あれは渚さん・・・」

渚「この街は好きですか?」

男「・・・」

渚「もしよろしければ、あなたをお連れしましょうか・・・この街の願いが叶う場所に」

男「あ、あの渚さん、いや渚!」

渚「あ・・・男さん。見てたんですか、えへっ」




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 14:23:50.50 ID:q5c9N/Ry0
男「さっきのは・・・」

渚「高校時代に演劇部だったんです。ちょっと思い出しちゃって」

男「そ、そうなんだ」

渚「智代さんのところに戻ってあげなくていいんですか?」

男「いや、あれはあいつが勝手に・・・俺は渚の手料理が食べたいんだ」

渚「ほ、本当ですか?」ボッ

男「ばかだな、顔真っ赤にして・・・(か、かわいい)」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 14:26:34.30 ID:q5c9N/Ry0
渚「ありがとうございますです!でも、お父さんやお母さんが心配してるから、今日はもう帰りますね」

男「あ、あぁ。明日も仕事がんばろうな!」

男家

男「とりあえず、智代とかいう人が作ってくれた飯があるから食うか・・・」

男「カーチャンと親父と妹と犬が居たはずだが・・・俺だけのようだな」もぐもぐ

男「まぁ、いいか。現実世界にも嫌気がさしてたし」

男「寝よう」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 14:34:03.80 ID:q5c9N/Ry0
翌朝

男「おはようございまーす!」

美佐枝「あら、男じゃない。おはよう。今日は元気がいいのね」

男「はい!昨日はちょっと体調が悪かったみたいです、すいませんでした。」

美佐枝「かしこまっちゃって・・・あ、そういえば今日は渚ちゃん、お休みなのよ」

男「え、具合悪いんですか?」

美佐江「えぇ、ちょっとね・・・もともと体がそんなに強い子じゃないから」

男「そうなんですか・・・」




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 14:48:20.94 ID:q5c9N/Ry0
春原「おはようございまーす。おっ美佐江さん、今日もいいおっぱいですねー」さわさわ

美佐枝「お前は・・・一生寝てろぉおおおお!!!」

バキッゴスッグチャッ

春原「」

男「こいつは・・・ただの馬鹿だな」




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 14:49:23.93 ID:q5c9N/Ry0
夕方

お疲れさまでしたー!!!

男「渚の家、たしかこっちのほうだったよな・・・」

男「古河パン、か。ここだな」

渚父「チッ今日も売れ行きわりーし、ガキには打たれるし・・・」プカー

男「あ、あのこんばんわ(ガラ悪いおっさんだな)」

渚父「あぁ?今日はもう店はしまいだ、帰った帰った」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 14:54:42.09 ID:q5c9N/Ry0
男「あ、いや違うんです」

渚父「違うだぁ?じゃあなんだ、お前はここのパンを馬鹿にしにきやがったってのか?」

渚父「確かに、この煎餅パンは最悪だ!だがな・・・」

渚母「・・・私のパンは、やっぱりお荷物なんですねー!!!」ダッ

渚父「し、しまった!!俺は大好きだああああああああ!!」ダッ

男「なんなんだよ・・・」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 14:57:25.51 ID:q5c9N/Ry0
渚「あ、男くんです」

男「あ、お疲れ、渚。体のほうはもう大丈夫なのか?」

渚「はいです。ちょっと熱が出ただけですから。いつものことなんです。えへへ」

渚「それで、外が騒がしいから様子を見にきたら、男君がいました」

男「ごめんな。というか、俺が騒いだわけじゃないんだが・・・」

渚「えへへ、あの二人、とってもとっても仲良しなんです」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 14:59:36.44 ID:q5c9N/Ry0
男「えーと、渚のお兄さんとお姉さん?」

渚父「おめぇ、なかなかわかってるじゃねぇか」

男「おわっいつの間に・・・」

渚父「渚の友達なら最初っから言いやがれ!」

渚父「おら、お前も飯食っていけよ」

男「あ、いや俺は・・・渚が心配だったから様子を見にきただけでs」

渚父「なーにみみっちいこと言ってんだ、ほら入った入った」

男「ちょっ引っ張らないでくださいってば」




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 15:04:53.55 ID:q5c9N/Ry0
渚母「はじめまして、えっと・・・男さんってお名前なんですね」

渚父「みみっちい名前だな!もっと男らしい名前にしやがれ!」

男「そ、そんなこと言われても・・・」

渚父「そう、たとえば渚とかなw」

渚母「素敵ですぅ!さすが秋夫さん、いい名前をつけてもらったお陰でスクスク育ったんですよねっ」

渚父「ったりめーよ!俺がつけた名前なんだ、絶対いい子に育つってもんよ!」

男「えっ渚の、親父さんとお母さん・・・ですか?」

渚父「かぁ~~~~まだそんなこと言ってんのかガキ!」




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 15:11:12.82 ID:q5c9N/Ry0
渚「お待たせしましたです」

渚母「あら、渚!まだ寝てないとダメじゃないの」

渚「えへへ、男さんが来てくれたんです。これくらい当たり前・・・フラッ」

バタッ

渚父「な、渚!おい、男手伝え!」

男「は、はいっ!」

渚母「大変!」




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 15:14:29.74 ID:q5c9N/Ry0
30分後

渚父「つーわけでな、渚は体が昔から弱いんだ」

渚父「だからよ、友達ができても、すぐみんな離れていってしまうんだ。可哀想な奴だぜ・・・」

男「そうなんですか・・・」

渚父「あいつはよ、いつもお前の話ばっかりしてんだぜ?」

男「えっマジですか??」




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 15:19:16.16 ID:q5c9N/Ry0
渚父「あぁ、大マジだ。で、どうなんだ?あいつのこと好きなんだろ?」

男「ブフェァッ」

渚父「うわっおま!ったく・・・きったねぇやつだな」

男「ご、ごめんなさゴホゴホ」

渚母「あーら、男さんったら。ウフフ」

渚父「まぁ、とにかくだ、お前があいつのこと本気で好きなら、よろしく頼んだぜ」




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 15:43:14.75 ID:q5c9N/Ry0
男「そ、そんな・・・渚だって選ぶ権利が・・ブツブツ」

渚父「お前は・・・それでも男かぁ!?」

渚父「男だったらな、好きな奴の親父をぶっ飛ばしてでも奪い取るってもんよぉ!」

渚父「期待してるぞ、男!ワッハッハ」


男家

男「あんなこと言われても・・・確かに渚ちゃんはいい子だし可愛いし」

男「でも俺みたいなキモい奴に好かれても渚ちゃんが迷惑するだけじゃ・・・」


秋夫「あいつはよ、いつもお前の話ばっかりしてんだぜ?」

男「アレ、本当なのかな・・・」




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 15:44:26.96 ID:q5c9N/Ry0
男「まぁ、これ夢かもしれないし、とりあえず寝るか」

男「はぁ・・・どうせ起きたらいつもの日常に戻ってるさ。寝よう」

翌朝

芽衣「ちょっと!お兄ちゃん!いつまで寝てるの???」

男「」

芽衣「もぉ、友達の家に泊まりに行ってたの、忘れたの?」

芽衣「仕事遅れちゃうよ!はい脱いで」




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 15:45:25.92 ID:q5c9N/Ry0
男「バッバカやめろって、わかった起きるから」

男「(だ、誰だこの子、可愛いすぎる)」

男「えっと・・・俺の妹、だよな?」

芽衣「はぁ?お兄ちゃん頭大丈夫?まったく・・・これじゃ結婚できないわね」

男「わかってるよ・・・(妹にいつも言われてた台詞だ)」

芽衣「わ、私がいなきゃ、なんにもできないんだから/////」

男「・・・?」




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 15:49:44.76 ID:q5c9N/Ry0
夕方

お疲れ様でしたー

男「今日も渚は休み、か・・・様子見にいってみよう」

古河パン

男「ちっす」

渚父「お、来やがったか。」

男「渚の調子はどうですか?」

渚父「ダメだ、今日も熱は下がらねぇよ」

渚父「わりぃな、せっかくだったのに。まぁこの濡れ醤油パンでも食え」




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 15:50:57.77 ID:q5c9N/Ry0
男「す、すんません・・・また来まーす」

渚父「チッ逃げやがったか。また俺がこれ食うのか・・・」

渚母「や、やっぱり私のパンは・・・古河パンの癌だったんですねー!!!」ダッ

渚父「チッ!!!ガボッ俺はふぁいすひふぁー!!!」


男「明日も来れないのかな・・・渚」

智代「男、じゃないか。何してるんだ?」




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 15:54:12.44 ID:q5c9N/Ry0
男「あ、智代・・・さん」

智代「やめろよ気持ち悪い奴だな。智代でいいぞ」

男「と、智代。どうしたんだ?こんなとこで」

智代「あぁ、ちょっと買い物をな。」

智代「渚とはどうなんだ?仲直りしたか?」

男「あ、まぁ・・・でも体調が悪いみたいで会えないんだ」

智代「そうか・・・なぁ、今夜空いてるか?」




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 15:55:22.27 ID:q5c9N/Ry0
男「ん、特に予定はないが・・・」

智代「よ、よかったらなんだが、その、うちに来ないか?今日は家に誰もいないんだ」

男「え、あ、あぁ。いいぞ(ドキドキドキ)」


智代宅

男「へぇ、綺麗な部屋だなー。女の子らしいというか」

智代「そうか?嬉しいことを言うやつだな」ニコッ

男「う・・・(可愛い)」




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 15:55:41.59 ID:nHt1LP8qO
秋生と早苗さんくらい覚えとけ

支援してやんよ!





53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 15:56:31.64 ID:q5c9N/Ry0
智代「ほら、夕飯だ。食え」

男「いただきます!う、美味い・・・」

智代「当たり前だ!私が作ったんだからな」

男「いい嫁さんになれるよ」

智代「よ、嫁??そ、その・・・私なんかでいいのか」

男「へ?」




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 15:59:09.42 ID:q5c9N/Ry0
智代「お、男は、こういうのは嫌いか・・・?」ズイッ

男「ちょ、ちょっと智代!胸が当たってる!!」

智代「フフ、当たってるんじゃない、当ててるんだ」

男「/////」

智代「はぁはぁ・・・」チラッ




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 16:00:18.65 ID:q5c9N/Ry0
男「ちょ!!待った待った!それ以上は!」

智代「なんだ・・?男はこういうのが好きなんじゃないのか?」

男「う・・・それは・・(おっぱいなんて初めて見たぜ・・・)」

智代「今日は下着をつけてないんだ・・・」

男「え、ええええええええええ??」




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 16:03:36.52 ID:q5c9N/Ry0
芽衣「お兄ちゃん、今日は遅いなー・・・せっかく大好物のカレーなのに」

芽衣「どっかで悪い女に捕まってるんじゃないかな・・・

芽衣「そうだったら許せない・・ブツブツ」

―――――――


智代「そ、その・・・見たい・・・か?」

男「(だ、だめだ!!俺には渚が!!病気で苦しんでる渚が!)」

男「み、見たい・・・です」


翌朝

男「はぁ・・・俺最低だ・・でも智代、いい体してたな/////」




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 16:05:58.40 ID:q5c9N/Ry0
智代「う・・・うん・・男?起きたのか・・・」ポッ

男「お、おはよう智代・・・////」

智代「まったく、昨夜は寝させてくれないんだからな」

智代「お前は本当にスケベだな」

男「・・・・」




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 16:21:19.10 ID:q5c9N/Ry0
職場

男「おはようございまーす」

美佐枝「おはよう、男。今日はやけに元気がないじゃないの」

男「はは・・・わかります?」

美佐枝「ふふ、でもそうは言ってられないかもよ?」

男「へ?」

渚「男さん!おはようございますです!」

男「!!渚!もう体調は良くなったのか??」




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 16:30:31.25 ID:q5c9N/Ry0
渚「はい、お医者さんに診てもらいましたが、もう仕事はしていいそうです」

男「よかった・・・心配してたんだぞ?」

渚「はいです、男さん、毎日様子を見に来てくれてたんですよね?えへへ」

男「あ、あぁ。(おっさん、喋ったな・・・)」

渚「とにかく、遅れてた分、がんばります!」

男「あぁ!無理しない程度にな!」なでなで

渚「キャッ・・あの、恥ずかしいです・・・」

男(あぁ、やっぱり俺は渚のことが好きだ)




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 16:31:28.45 ID:q5c9N/Ry0
男「昨日はあんなことしちゃったけど・・・智代に謝らなきゃな」

男宅

男「ただいまぁ」

芽衣「お兄ちゃん・・・?昨夜は何をしてたのかな?」

男「うっ・・・あれだよ、友達と飲んでたんだ」

芽衣「本当かなぁ・・・?」

芽衣「じゃあ、この写真はなぁんだ」

男「こっ、これは・・・!智代と俺が写ってる・・・」




63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 16:32:30.51 ID:q5c9N/Ry0
芽衣「クスクス・・・おにいちゃんのことは、なんだって分かるんだから」

男「これ、どうやって撮ったんだ・・?」

芽衣「関係ないじゃない、そんなこと・・・お兄ちゃんはおっぱいの大きい人が好きなの??」

スルッ

男「ちょっおまwwwなに脱いで」

チュッ




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 16:33:28.70 ID:q5c9N/Ry0
芽衣「お、お兄ちゃん、好き・・・なんで分かってくれないの・・・ハァハァ」

ちゅっちゅっ・・・れろれろ

男「お、おおお落ち着け!ここ玄関だかrうぷっ」

芽衣「ふぁ・・・お兄ちゃんの唾液でぬるぬるになっちゃったよぉ」

スリスリ

芽衣「お兄ちゃんのここ、こんなになってる・・・」




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 16:34:24.34 ID:q5c9N/Ry0
男「や、やめ。バカっ」

芽衣「咥えちゃお・・・パクッ」

男「」

――――――――

―――――

――

芽衣「zzz」

男「どうしてこうなった」




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 18:09:16.65 ID:q5c9N/Ry0
男「さて、どうしたもんか・・・」

男「とりあえずまとめると、智代と妹とやっちゃったわけだ」

男「これからどうしようか・・・」

男「とりあえず、杏にでも相談してみるか・・・」

prrrr

杏「はい、どうしたの?男から電話なんて珍しいじゃない」

男「ちょっと相談があってさ・・・今から会えないか?」




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 18:10:44.36 ID:q5c9N/Ry0
杏「い、いいわよ?べっべつに暇ってわけじゃないからね」

杏「忙しいのに、わざわざあんたのために時間を作ってやろうってのよ、感謝しなさいよね」

男「忙しいならいいや。すまん」

杏「ちょっちょっと待ちなさいよ、いいわよ聞いてあげるわよ」

男「じゃあ、頼むぜ」




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 18:13:02.08 ID:q5c9N/Ry0
公園

杏「そんなことがあったの・・・あんたも大変ね」

男「そうなんだよ。どうしたらいいかわかんなくてさ」

杏「あんた、そんなにモテそうってわけじゃないのにね」

男「うるさいなw」

杏「とりあえずさ、一回白紙に戻したらいいんじゃない?」

男「ん?どういうことえだ?」

杏「今までのことはなかったことにするの。でさ、とりあえずあたしで練習しt」

男「ちょっと待とうか」




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 18:20:06.54 ID:q5c9N/Ry0
杏「なによ?このあたしが直々に指導してあげようってのに」

男「いや、おかしいと思うんだが・・・」

杏「公園だからダメなの?もう、めんどくさい奴ねぇ・・・」

男「い、いやそういうことじゃなく」

杏「もう、ここ、こんなになってるのよ」くぱぁ

男「」




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 18:20:51.02 ID:q5c9N/Ry0
男「うおおおおおおおおおおおおお」パンパンパン

杏「ちょっ男っ乱暴すぎあんあんあんあああああああああん」

―――――――――

杏「zzz」

男「どうしてこうなった」




77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 18:24:20.06 ID:q5c9N/Ry0
職場

男「はぁ・・・俺はもうダメみたいだ」

美佐枝「ちょっと男君・・・あんた昨日、○町目の○○公園で何してたの?」

男「えっ」

美佐枝「あんなことしていいと思ってるの?」

男「す、すいません。」

美佐枝「罰として今夜は私の相手をすること!いいわね?」

男「は、はいいぃ」

中略

美佐枝「zzz」

男「どうしてこうn(ry」




78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 18:28:14.23 ID:hqeeXPoE0
レベル高すぎて吹いたwwwwwwww




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 18:37:55.62 ID:q5c9N/Ry0
数日後

男「俺は何をやってるんだろう・・・全てが嫌になってきた」

渚「あっあの・・・男君・・」

男「な、渚・・・おす」

渚「男君、最近元気ないです。どうしましたか?」

男「いや、なんでもないんだ・・・俺がバカなだけなんだ」

渚「そんなことないです!私、男君の味方ですから!」

男「渚・・・でも俺は」

渚「だきっ」

男「渚っ!いったいなにを////」




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 18:39:12.72 ID:q5c9N/Ry0
渚「私、男君のおかげで元気に過ごせてます!そんな男君が元気がないなんて、私いやです!」

男「・・・・」

渚「私、知ってるんです。男君が今までしてきたこと」

男「えっ」

渚「実は、全部春原さんに教えてもらいました」

男「(春原め・・・まぁ悪いのは俺だからしょうがないか)」

渚「そ、その・・男さんは悪くないと思います!」




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 18:40:13.15 ID:q5c9N/Ry0
男「えっどうして」

渚「と、年頃の男性ですし・・・やっぱり性欲はあると思うんです!!」ボッ

男「え、と・・・顔を真っ赤にして言われても」

渚「ごめんなさいです!でもそう思います!」

渚「だ、だからその・・・そんなに悩まないでください」

男「渚・・・お前」




84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 18:45:45.14 ID:q5c9N/Ry0
渚「それで、あの・・・私でよければ・・・あ、相手になりますから><」

男「!?」

渚「そ、その・・・他の方とは」

男「好きだ、渚。」

ギュッ

渚「お、男君!?!?」

男「ずっと好きだった。付き合ってくれないか?もう誰ともあんなことはしないと誓うから」

渚「・・・」コクンッ




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 18:46:55.90 ID:q5c9N/Ry0
渚「う、嬉しいです・・・ぐすっ」

男「バカだな、泣く奴があるか!」

渚「えっと・・・今夜でいいですか?場所は・・・」

男「何言ってんだよ。大事な渚をそんな簡単に汚せるかっての」

渚「お、男君・・・うぅ・・」

男「これからもずっと傍にいてくれよ」

渚「は、はいですっ!」




86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 18:47:54.08 ID:q5c9N/Ry0
芽衣「許さない・・・殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる」

ダッ

男「め、芽衣っ!包丁・・・!」

渚「えっえっ?」

男「渚、あぶねぇ!!!」




87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 18:52:21.92 ID:q5c9N/Ry0
ドスッ

芽衣「あ・・・え・・・なんで・・どうして・・・」

男「う・・・ぐ・・渚、大丈夫か」

芽衣「バタッ」

渚「いやあああああああああ男くううううううううん!!!!!!」

―――――――――
―――――
――




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 18:54:15.23 ID:q5c9N/Ry0
男の部屋

男「うん・・・朝か」

男「なんか、長い夢見てた気がする」

渚「おはようございます、男君♪」

男「あぁ、おはよう、渚」

渚「私、男君と結婚できて幸せです」

男「なんだよ急にー」なでなで

チュッ




90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 18:55:01.78 ID:q5c9N/Ry0
俺は幸せです。杏には妹がいたらしく、たまに呼び出されては3Pをさせられています
芽衣には性奴隷にさせられてますが、悪いのは俺だから・・・
智代とも、たまに・・・

ですが渚との貞操は守っています。
愛してるよ、渚。







91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 18:55:41.40 ID:DQsE0y210
なんかもうパラレルワールド(`・ω・´)




92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 18:55:57.33 ID:q5c9N/Ry0
gdgdですいません。終わりですw




93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/03(火) 18:56:54.26 ID:hqeeXPoE0
まあ1が満足しているみたいだから別に良いわwwwwwww乙











画像を押すとランダムで記事を表示します!
暇つぶしに最適です。

       SS速報 最新記事一覧       

TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん! ! 」イメージソング 平沢唯
TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん! ! 」イメージソング 平沢唯

TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ  「けいおん! ! 」イメージソング 秋山澪
TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん! ! 」イメージソング 秋山澪

TVアニメ「けいおん! ! 」劇中歌  ごはんはおかず/U&I
TVアニメ「けいおん! ! 」劇中歌 ごはんはおかず/U&I

[ 2010/08/05 19:10 ] CLANNAD | TB(0) | CM(2) はてなブックマークに追加
俺の言いたいことは本スレの>93が言ってくれた。
[ 編集 ]
渚カヲルかと
[ 編集 ]









 

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

けいおん! 1/8 中野 梓 (1/8 PVC塗装済み完成品)
けいおん! 1/8 中野 梓 (1/8 PVC塗装済み完成品)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。