お知らせ
サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。


サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)はてなブックマークに追加

唯「あずにゃんってキモくない?」

_SL160_
唯「あずにゃんってキモくない?」
サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。


サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。

サーバーの不調などにより、ライブドアに移転します!

新URL
http://sssokuhou.com/

お気に入りの変更&リンク&RSSの変更をお手数ですがよろしくお願いします。




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 15:15:50.84 ID:sXM0rKMC0
梓「どもです」

律「よお梓」

澪「梓今日は早いね」

梓「早く練習したいから急いで部室に来まs――」

紬「さあみなさん、今日は芋ようかんですよー」

唯「わあ~~!早くみんなで食べようよ!」

律「私右から二番目な!」

唯「りっちゃん!それ私が先に目をつけてたから私の!」

澪「こらこら、二人ともどれも大きさ一緒じゃないか」

律「じゃあ澪はこの一番左の小さいやつな」

澪「え、私はこの左から二番目のだよ その一番左側のは梓のだろ」

唯「そうだね!あずにゃんは一番小さいのでいいよね!一番小さいし!後輩だし!」

律「てことで梓はこれで決定なー」

紬「今日ティーカップ割ってしまったので、カップが一個足りないんです 梓ちゃんは缶コーヒーでいいよね」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 15:24:04.85 ID:sXM0rKMC0
梓(芋ようかんに缶コーヒーなんて…最悪です)むしゃりむしゃり

唯「あずにゃん、これに名前書いて」

梓「なんですかこれ?」

律「いいから!」

梓「何で名前欄以外全部隠れているんですか」

紬「気にしないで名前書いてね」

澪「梓、早く書かないと練習できないぞ」

梓「は、はあ……」

 かきかき

梓「これでいいですか」

律「いいよー!」

唯「じゃぁーーん!実はこれ、退部届けなんです!」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 15:30:13.08 ID:sXM0rKMC0
梓「――え?」

紬「あらあら、梓ちゃん退部になっちゃったね」

澪「仕方ないな だって自分で名前書いたんだもん」

唯「あずにゃんが退部かー悲しいねりっちゃん!」

律「唯!私も悲しいぞ!悲しいから、今日は飲むぞ!」

唯「りっちゃん私付きあうよ!」

律「ムギー!お茶おかわり!」

唯「ムギちゃんわたしもおかわり!」

梓「こんな冗談笑えないです! 早く練習しましょう!」

紬「はーい二人ともおかわりどうぞ」

梓「紬先輩!」

澪「ということで梓」

梓「澪…先輩…」

澪「今日で、梓は退部だ あとは好きにすればいいよ」




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 15:37:30.09 ID:sXM0rKMC0
澪「さようなら、梓」

梓「澪先輩まで…何の冗談ですか…?」

澪「冗談なんて言っていない――律、そっちの腕持って」

律「ったく食べてる最中なんだけどなー 退部なんだから仕方ないな」  ぐいっ

梓「痛い!な、律先輩!痛いです!」

律「うっさいなー もう退部したんだから居る必要ないんだからな ほら澪しっかり持ってないと重いぞ」

澪「ああ悪かった」 ぐいっ

梓「い、痛い…!澪せん…ぱい…」

唯「あずにゃーん、バイバーイ」

紬「バイバーイ」

律&澪「ほら、出てけ よいしょっと」 ドンッ 

梓「ひゃっ――!?」

澪「一年間ありがとうな さよなら中野さん」 バダム!

梓「………………」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 15:49:24.01 ID:sXM0rKMC0
――ダンダンッ!!ダンダンッ!!! ガチャガチャガチャガチャ

梓「せ、先輩!いきなりわけわかんないです!!ここの扉開けてください!!」

梓「澪先輩!唯先輩!紬先輩!!律先輩!!!」

ダンダンダンダンダンッ!!! ガチャガチャガチャガチャガチャガチャ

梓「開けてください!!開けて下さい!!部室に、私を入らせてください!!!」

ダンダンダンダンダンッ!!!

『ムギ、今日の芋ようかん最高だよ』
『ふふふ 京都の叔父さんのお土産なんですよ』

梓「開けてください!!開けてくださいよ!!!」

『わあ~さすがムギちゃんのおじさん!美味しい物沢山知ってるんだね!』
『あ、そのようかんわたしもーらい!』

ダンダンッ!!ダンダンッ!!!

『りっちゃんずるい!!あずn…・・中野さんの分それ私が食べようと思っていたのに!』
『だめだ!早いもの勝ちだ!』
『二人とも静かに食べろよ!!お茶が溢れる!!』

梓「せんぱ…い……っく…あけ…ひっく…て……っく…ひっく……」




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 16:10:17.66 ID:sXM0rKMC0
――

『……さん ……あずささん』

梓「ん……」

さわ子「梓さん、こんなところで寝ていたら駄目じゃない もう下校の時間とっくに過ぎてるわよ」

梓「先生――あ!せ、先輩たちは」

さわ子「もう帰ったんじゃないの? 音楽室、誰も居ないみたいだし」

梓「そ、そうですか……」

さわ子「……梓さん、今日はみんなと一緒じゃなかったの?」

梓「私………」

梓「わたし……部活……部活を………退部させられちゃったんです………」

さわ子「え?退部…?」

梓「はい……それで…音楽室から、外に出されて……中に、入れてもらえなくて……」

さわ子「……ここに、ずっといたの?」

梓「はい……」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 16:23:35.03 ID:sXM0rKMC0
さわ子「あの子たちの事だから、何かの冗談とか……」

梓「……でも、あんなに真剣な目の先輩たちは初めて見ました――あ!そ、そうです!電話!これで……」
  
  (でも……電話に出てくれないかもしれない)  ピッ…ピッ…ピッ

  (澪先輩なら……出てくれるかな……)   ……プルルルル プルルル プルルル プル

『……もしもし』

梓「あ、み、澪先輩!」

『澪ちゃん、だれー?彼氏?』
『いや、あz…中野さん』

梓「先輩!今日は何で――」

『え!!? み、澪!何出てるんだよ!貸せ!』

梓「み…お先輩……」

 ツー・・・ ツー・・・ ツー・・・

さわ子「………」

梓「電話、切られちゃいました……」

さわ子「……私が明日の朝、みんなに聞いてみるわ」




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 16:35:41.90 ID:sXM0rKMC0
――翌日

さわ子「梓さん、ちょっといいかしら」

純「梓、先生から呼び出しとか何かしたの?」

梓「別になにも…ちょっと用事があって……」


さわ子「休み時間中にごめんね お友達と話していたみたいだけど大丈夫?」

梓「大丈夫です」

さわ子「憂ちゃ……コホン 憂さんいないみたいだけど……」

梓「朝、先生が今日は体調不良で休みって言ってました」

さわ子「そう……それでね、昨日のことを4人に聞いてみたんだけど これ」

梓「…何ですか?これ」

さわ子「琴吹さんから、梓さんの退部届と一緒に渡されたわ 中に500万円入っているそうよ」

梓「ごひゃ…!?」

さわ子「……………どうしても辞めてほしいんですって あなたに、部活を」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 16:47:30.63 ID:sXM0rKMC0
梓「っ……!!!」

ダッ!!!

さわ子「梓さん!」

梓「なんで………なんでなんですか……!!!」

タッタッタッタッタッタッタッタ

梓「なんで……私が……何をしたって言うんですか……!!!」

タッタッタッタッタッタッタッタ

梓「先輩……私が……何を……!!!!」

タッタッタッタッタッタッタッタ

梓「……うううっ!!!!!」

タッタッタッタッタッタッタッタ・・・ ガラッ!

梓「澪先輩!律先輩!紬先輩!唯先輩ッ!!!!」


律「……………んあ? ってああ中野さんじゃん 何?3年の教室まで来て何か用?」

梓「律先輩……昨日の、昨日のあれは何なんですか!!!!」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 16:49:03.20 ID:PvzfBpS+0
どんだけ嫌いなんだよwww




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 16:59:14.28 ID:sXM0rKMC0
律「何、って退部届のことか? 安心しろ、しっかりさわちゃんに渡しておいたから」

梓「そうじゃないです!私、退部するつもりはありませ――」

紬「あら? 中野さん何でここに居るの?」

梓「紬先輩!昨日はどうして……」

紬「さわちゃんから話聞かなかった?」

梓「聞きましたよ!………お金で…お金まで渡して、いきなりすぎてわけわかんないです!!」

紬「話、聞いていないのね?」

梓「だから!!」

紬「辞める意外にも、私たちの教室に来ないこと、私たちに話しかけないこと、もう二度と部室に来ないこと――」

紬「さわちゃんに言っておいてって頼んだのだけれど、聞いていなかったみたいね」

梓「そんな…!!何で、なんで…!!!なんで!!!???」

唯「だって中野さん」

梓「ゆ、唯先輩!いつも、私のことあずにゃんて抱きしめてくれてたじゃないですか!!」

唯「ああそんな事もあったね でもね中野さん、私たちはもう退部してほしいんだよ」

紬「500万円じゃ足りなかった? あ…転校費用として800万くらいあったほうがよかった? 今用意するから――」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 17:14:57.46 ID:sXM0rKMC0
梓「お金の問題じゃありません!!!!」

紬「はい、プラス300万 これで十分よね」

梓「っ……!!!」

 バシィッ!

紬「痛っ……」

澪「ひぃっ!!た、叩いた!中野さんがムギを…!痛そう痛そう痛そう痛そう痛そう…!!」

梓「…っ!! ……っく……! お金なんて……っ!お金なんてぇっ…! おかねなんていらない!!!!!」

 バシイッ!! ガスッ!!

紬「いやっ…!な、何するの…? 痛い…」

梓「っっく…!!私はっ……!!私は先輩達と一緒にっ…っく…一緒にっ…!!!一緒にっ!!」

律「……私たちは嫌なんだ――よッ!!!」

 ゴスッ!!

梓「っかはっ!!! っ…り、律…先輩…」

澪「血、血、血が出てる…!ムギ、ムギと梓から血が血が血が血が血が血が血が血が血がぁ!!!!」 ガクガクブルブル




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 17:30:22.78 ID:sXM0rKMC0
律「ったく…素直にお金貰って辞めればいいんだよ ほら、早くその金拾って教室へ帰れよな」

梓「…っく…っひっく……・私は……私は……」

唯「ねえ中野さん、そろそろ授業はじまるから ほら300万だよ」

梓「違う…違う…違う違う違う違う違う違うちがうちがうちがうちがうちがう!!!!!!」

律「違わなくない もう中野さんは私たちとは関係無いんだから 早く出てけ」

梓「先輩の………っ、っぅっく…・先輩のバカあああああああ!!!!!!!!」

唯「あ、それ私のギー太――」

律「ん?な!?やめ、危な――


  ゴシュッ


澪「ひひあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!!!!!!!!」

唯「――ギー太!じゃなくてりっちゃん!!!!!????」




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 17:43:25.27 ID:sXM0rKMC0


 ――その後の事はよく覚えていません


 ……後で聞いた話によると、律先輩の怪我は軽傷で、おでこに少し痣が残っただけだそうです


 それからは痣を隠すためなのか、カチューシャを付けなくなった、と……


 私――中野梓は、その後すぐ手続きを取り、桜高校から転校することになりました


 警察沙汰にならず、転校だけで済んだのは紬先輩の配慮だそうです


 時々、あの桜高校で過ごした日々の、何が夢で何が現実だったのかわからなくなる時があります


 あの頃使っていたギターに触れる度に、楽しかった時だけが現実だったらいいな、なんて思います――




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 18:06:06.62 ID:sXM0rKMC0
――

榎本「でさ、ここの『世界の闇の中でさえ』ってとこなんだけど……って梓聞いてる?」

梓「へ?あ、はい そのフレーズ私も好きです」

財前「梓、時々魂がどこか旅に出てる時あるよね」

梓「そんなことないです!」

岡島「演奏中にいきなり魂が何処かに行かないといいけど」

榎本「今度の北高祭は絶対成功させたいからね 梓も入部してすぐになるけど練習頑張ろうね」

中岡「急に頼んで悪いね、私以上にギター頑張ってくれよ?」

梓「はい!」

榎本「よっし!それじゃあ北高祭本番に向けてがんばるぞー! …っけほっ!けほっ…!!」




 ――でも、今は今で楽しいです

 またどこかで、桜高校の先輩達の演奏を聴けるといいな

                                           fin.




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 18:11:13.40 ID:QeDj1H+d0
乙ー 
楽しかったよーwww









画像を押すとランダムで記事を表示します!
暇つぶしに最適です。

       SS速報 最新記事一覧       

TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん! ! 」イメージソング 平沢唯
TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん! ! 」イメージソング 平沢唯

TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ  「けいおん! ! 」イメージソング 秋山澪
TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん! ! 」イメージソング 秋山澪

TVアニメ「けいおん! ! 」劇中歌  ごはんはおかず/U&I
TVアニメ「けいおん! ! 」劇中歌 ごはんはおかず/U&I

[ 2010/09/16 21:14 ] けいおん | TB(0) | CM(28) はてなブックマークに追加
うん、そりゃねぇわ

ひどい
[ 編集 ]
意味が分からないw
[ 編集 ]
けいおんのキモヲタもきもいけど、
こういう風に煽るSSとかもキモヲタ並にきもいな。
こういうの多いけど屑が飽和してんだな2chは。

[ 編集 ]
性格が悪いだけでなく、頭も悪い作者乙w
[ 編集 ]
何のために書いたしww
[ 編集 ]
どんでんがえしねぇのかよww
[ 編集 ]
何を表現したいのかさっぱりだった


さっぱりだった
[ 編集 ]
「さっぱりだぁ」を繰り返し言う歌があったよな・・・
[ 編集 ]
は?てっきり卒業であずにゃん一人になるから退部させたのかと思ったら何だこのゴミは
[ 編集 ]
あずにゃんいじりは好きだけどこれは切ないよ……
[ 編集 ]
ムギはもう敬語はほとんど使わないしあずにゃんはムギのこと「紬先輩」じゃなくて「ムギ先輩」って呼んでるんだぜ
全然わかっちゃいねえな
[ 編集 ]
ここ最近読んだ中で一番糞 投げやりだし意味不明
[ 編集 ]
ムギに敬語しゃべらせるSS多すぎ
キャラクターもろくにわからねえ内からクソつまらん創作小説なんか公開してんなよカス
[ 編集 ]
けいおん豚が吠えてるなぁwww
自分でまともなSS作ってからそういう事を言おうなwww
自分で作れない奴はただ褒め称えるだけでいいんだよ
この作者は本当に素晴らしいですね
[ 編集 ]
けいおんまともに見てねぇだろこの>>1
投げっぱなしにも程があるわ
[ 編集 ]
SSの基礎がなってないね
出来云々以前の問題
[ 編集 ]
>>1018
釣り針でかすぎ
[ 編集 ]
いや、死んでこい
ドカスが
[ 編集 ]
書くのは自由だから作者に非はないだろ。
載せるのがあかん。
[ 編集 ]
ていうか無二の親友だろうが1000万貰ったら喜んで転校するわw
[ 編集 ]
なんか同人ゴロみたいなSSだね。
[ 編集 ]
これ、楽しいか?w
[ 編集 ]
もうちょっと梓嫌の成分を唯からだして欲しかった
[ 編集 ]
ハルヒの高校へ転校してけいおん部に入ったってオチか
しかもちゃんとボーカルが風邪引いてるしw
ここで落とさないで、ハルヒとの絡みも書いたら面白かったかもな
[ 編集 ]
面白いな
ってかけいおん厨喚き杉www
[ 編集 ]
普通におもしろいと思ったんだけどw
[ 編集 ]
そうなんだ、じゃあ私生徒会行くわね
[ 編集 ]
自分の思い通りの展開じゃないから批判
けいおん厨とか以前の問題だなこれは
[ 編集 ]









 

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

けいおん! 1/8 中野 梓 (1/8 PVC塗装済み完成品)
けいおん! 1/8 中野 梓 (1/8 PVC塗装済み完成品)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。